トム・ホランド、『スパイダーマン』最新作フォトセッションでゼンデイヤと熱々ツーショット

トム・ホランド(25)とロマンスが浮上しているゼンデイヤ(25)が、ロンドンで開催された映画『スパイダーマン』シリーズ最新作のフォトセッションに登場した。レッドカーペットに現れた2人は仲良く寄り添って見つめ合い、カメラの前でラブラブな姿を披露した。

現地時間5日、映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』でスパイダーマンを演じるトム・ホランドとヒロインMJ役のゼンデイヤがフォトセッションを行った。

両側に豪華なクリスマスツリーが置かれた階段前に登場した2人が、お互いを見つめ合う仲睦まじい様子が捉えられた。

撮影会中にはトムがゼンデイヤの手をそっと繋いだり、2人が目を合わせて満面の笑みを浮かべるなど、リアルな熱々ぶりだったと米メディア『E! News』が報じている。

トムはストライプのシャツに黒のレザージャケット、黒いスラックスという全身「セリーヌ」による洗練されたコーディネートだ。

一方のゼンデイヤは「アレキサンダー・マックイーン」によるシークインが施されたオーバーサイズのグレージャケットに、同様の装飾で覆われた黒いタイツを合わせ、耳元には蜘蛛の巣をモチーフにした大きなイヤリングをつけていた。

会場にはピーター・パーカー(スパイダーマン)の友人ネッドを演じるジェイコブ・バタロンも出席し、トムとゼンデイヤとの3人でカメラの前に立った。

トムとゼンデイヤの仲睦まじい姿に、ファンからは喜びのコメントが多数寄せられた。

「2人がお互いを見つめ合う姿、なんてことかしら!」

「とてもラブラブみたいね。」

「最もキュートなカップルだ!」

「ネッドが全く部外者になってるよ。」

トムとゼンデイヤは現地時間3日に英人気トーク番組『ザ・グラハム・ノートン・ショー』に一緒に出演し、撮影中に生じた2人の身長差による微笑ましいエピソードを披露したばかりだ

ゼンデイヤはこの話題の他にも、映画『スパイダーマン』の撮影中でのトムに対する不安を番組ホストのグラハム・ノートンに明かしていた。

「彼の衣装は全身タイツで、下にヘルメットを被っているの。私はいつも、このことを心配しているわ。彼が一生懸命に仕事をしている時、もし何かが起こり、吐き気がしたらどうするのだろうとね。どうやってそこから抜け出すのかってね。」

そして「これは真面目な心配なのよ。正直なところ、時々彼を見ると不安になるわ。ストレスを感じてしまうのよ」とトムの身を心から心配している様子だった。

2人は2017年に交際説が浮上。トムは今年9月のゼンデイヤの誕生日に自身のInstagramでツーショットを公開し、「僕のMJ。最高に幸せな誕生日を過ごしてね! 起きたら電話してxxx」とメッセージを記していた

画像は『Spider-Man: No Way Home 2021年12月5日付Instagram「It feels like Christmas because these photos are a literal gift.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ