荒ぶる猫のポーズ? 猫背を忘れた猫が飼い主の前で仁王立ち


荒ぶる猫のポーズ?猫背を忘れた猫さんの個性的なポージング。

「猫が猫背を忘れた瞬間」というつぶやきとともに、中川ちささん(以下、中川さん)がTwitterに投稿したのは、愛猫のロッケくん(4歳)の「猫背を忘れた瞬間」。

そこには、威風堂々とした「荒ぶる猫のポーズ」が披露されていました。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

「おもちゃで遊びながら撮影したものなんです。可愛い瞬間だったので投稿しました」

投稿背景を語る中川さん。ロッケくんは、普段から中川さんの膝の上を“指定席”にしている「飼い主LOVE」な猫さん。

この日も大好きな中川さんと遊べるということもあり、少々テンションアゲアゲになってしまった様子。

まだかまだかと催促するかのように、眼前で仁王立ち。サッカーのゴールキーパーのように、やってくるおもちゃを待ち構えています。

ニャンとも微笑ましい1枚には、「猫あるある」な要素もあってか、ロッケくん同様のポーズを披露する猫さんの投稿写真が続々。結果、2万を超えるいいねが寄せられる反響となっています。

中川さん宅には、ロッケくんの他にも、うしおくん(9歳)・ピーチちゃん(9歳)・レオンくん(8歳)・ミルコくん(6歳)の猫さんたちが暮らしています。Twitterアカウントのバナー画像にもなっている個性的なポージングに加え、夫妻で名付けた名前の由来もまた独特。

5匹の猫と暮らしている投稿者。個性的なポージングが特徴的です。

猫望の厚いリーダーのうしおくんは、「海好きの夫が『潮(うしお)』と命名しました」とのこと。写真集を出したこともある無重力猫ことミルコくんは、「真っ白な体毛に、『強く育って欲しい』という願いを込め、格闘家の『ミルコ・クロコップ』から」名づけられました。

そして今回の主人公・ロッケくんは、「保護猫シェルターの方が保護した場所が『コロッケ工場』」だったから、それをもじってロッケとつけられています。

5匹と中川さん夫妻の楽しいキャットライフの様子は、InstagramやYouTubeチャンネル「無重力猫ミルコのお家」でも紹介されています。




<記事化協力>
中川ちささん(Twitter/Instagram:@ccchisa76)

(向山純平)

当記事はおたくま経済新聞の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ