【1週間で重版】”もしも”の世界を描いたディズニー小説『パート・オブ・ユア・ワールド』が大人気 スクリーン リーダーのサポートが有効になっています。

めるも編集部

株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研プラスが2021年11月11日(木)に発売した『ディズニーツイステッドテール ゆがめられた世界 パート・オブ・ユア・ワールド』の上下巻の重版が決定しました。

だれもが知るディズニーの名作『リトル・マーメイド』の、どこか変な”ゆがめられた世界”を描いた話題作の詳細について、早速チェックしてみましょう!

『リトル・マーメイド』の“もしも”の世界を描く

2021年11月11日(木)に発売された『ゆがめられた世界 パート・オブ・ユア・ワールド』は、「ディズニーツイステッドテール」シリーズの第1弾となっています。だれもが知っているディズニーの名作『リトル・マーメイド』の、“もしも”の世界が展開される本シリーズは、ヴィランが優勢のちょっとダークなストーリーの翻訳小説です。

発売直後から、熱烈な「リトル・マーメイド」ファンや、「ツイステ(ツイステッド・ワンダーランド)」ファンの間で話題沸騰。一部の書店で在庫がなくなるなど、発売1週間という異例のスピードで重版が決定しています。

アリエルの5年後を描くダークファンタジー

▲動画:『リトル・マーメイド』のIF物語―ツイステッドテール新発売!ⒸDisney

▲動画:ディズニーヴィランが優勢の物語―ツイステッドテール新発売!ⒸDisney

物語はアリエルが海の魔女アースラとの戦いに敗れた5年後から始まります。声を奪われたまま海の女王となったアリエルは、父の生存を知り、陸でアースラにとらわれている父を救うため、ふたたび地上を目指します。

本書では、女王としての重責を担った“大人”のアリエルや、地上への野望を抱くアースラ、おバカな“王子ぶり”を見せるエリックなど、これまで描かれることのなかったおなじみのキャラクターたちの心情が掘り下げられているのが魅力。

ダークなファンタジーでありつつ、ちょっとリアルな人間模様が描かれている物語となっています。

【商品について】
『ゆがめられた世界 パート・オブ・ユア・ワールド 上巻』
『ゆがめられた世界 パート・オブ・ユア・ワールド 下巻』
著者:リズ・ブラスウェル
訳者:池本尚美
カバーイラスト:水溜鳥
ソフトカバー 四六判
上巻272ページ/下巻296ページ
定価:各1100円(本体1000円+税10%)
発売日:2021年11月11日(木)
発行所:(株)学研プラス

学研出版サイト:
(上巻)https://hon.gakken.jp/book/1020531800
(下巻)https://hon.gakken.jp/book/1020531900

【本書のご購入に関して】
Amazon
(上巻)https://www.amazon.co.jp/dp/4052053184/
(下巻)https://www.amazon.co.jp/dp/4052053192/

本記事では、絶賛発売中、ヴィランが暗躍する“もしも”の世界を描いたディズニー小説『パート・オブ・ユア・ワールド』上下巻について紹介しました。”もしも”が起こった”どこか”ゆがめられた世界”でのアリエルが、人間の世界を救えるのか気になってしまいますよね。原作ファンだけでなくそうでない方もぜひ、ご一読ください。

企業プレスリリース詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003677.000002535.html
PRTIMESトップへ
https://prtimes.jp/

 

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ