【ロンドンハーツ】わらふぢなるお、バーターを意識した結果

11月30日テレビ朝日系放送『ロンドンハーツ』はロンドンハーツを卒業したかまいたちに代わり、今後ポストかまいたちとして活躍する期待の芸人たちが集合し「ポストかまいたちを探せグランプリ」を開催した。

濱家の言葉からバーターを意識

ザ・マミィ、幸せのトナリ、わらふぢなるお、金の国、ジェラードン、ランジャタイ、ジャングルポケット・太田博久のエントリーの7組が登場。突然決勝進出を知らされ喜ぶ芸人や戸惑う芸人たち。スタジオでは「かまいたち感ゼロ、意外過ぎるメンバー、統一感がない」と出だしから不満の声が挙がり、有吉弘行からは「かまいたちナメんなよ、本当に大丈夫?」と不安なスタートを切った。

キングオブコント決勝3回の実力派コンビ”わらふぢなるお”は、「仕事のほとんどがサンドウィッチマンのバーター」と事前の打ち合わせで明かしたという。仕事の9割が同じ事務所の先輩サンドウィッチマンのバーターで出演していて、最近ではナレーションでも「サンドウィッチマンのバーターで登場の”わらふぢなるお”が訪れたのは」と言われるようにまでなったと明かした。

以前は気にしていなかったが、気にするようになったきっかけがあったと語った。サンドウィッチマンのある番組にかまいたちと一緒に出演したときに、かまいたち濱家が終わるのを待ってくれていて「肩身が狭いかもしれないけど、わらふぢなるおで呼ばれているのだから胸張ってがんばりや」と声をかけてくれたという。そのとき肩身が狭いとは思っていなかったので、それをきっかけに肩身が狭くなり、かまいたち濱家に気付かされたと告白した。

そこから色んなことが気になってきたと続け、サンドウィッチマンのバーターで呼ばれた時に1か月暮らせるくらいのとんでもない額のギャラが振り込まれていたことがあったという。それはサンドウィッチマンが「多めに入れてやってくれ」と言ってくれたと感謝の気持ちを伝えた。だがスタッフさんからは良いように思われていなかったのか、収録終わりに呼んでくれたタクシーが自腹だったと話すと「えっ?嫌われるようなことしてるんじゃないの」と田村淳から反撃された。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ