【アイ・アム・冒険少年】元自衛隊芸人やす子「函館まで渡り切ったら告白します」

11月29日放送の『アイ・アム・冒険少年、クイズTHE違和感合体2時間SP』(TBS系)では「海峡陣取り」にオードリー春日&マミィチーム、サンシャイン池崎&岡野陽一・やす子チームが参戦。無謀な戦いの中で、やす子に人生初の恋の予感が…?

3億くらい保険かけてないと

「陣取りゲーム」の海峡バージョン「海峡陣取り」。北海道の函館と青森県の大間をスタート地点として、地元の方からの頂き物のみで舟を作って津軽海峡を縦断。海峡で出会った時点での進んだ距離を競う。大間からスタートするのはサンシャイン池崎&岡野陽一・やす子チーム。函館からスタートするのはオードリー春日&マミィチーム。

素材集めで地元の方に事情を話すと「やめたほうがいい!保険3億くらいかけとかないと」「何人かチャレンジはあるけど渡った人は誰もいない」と心配されたり「普通に考えたらやらないよ」「自殺行為だな」とあきれられたりと、挑戦がかなり無謀なことを感じつつ、二つのチームの戦いは幕を開けた。

これが恋愛感情なのかもわかりません

サンシャイン池崎&岡野陽一・やす子チームは浮力になる「浮き玉」を手に入れ、本当に浮くのかをチェックすることに。サンシャイン池崎が浮き玉を抱えて何度も海に飛び込んだ。するとその姿を見ていたやす子の表情に変化が。「4回くらい海に入ってて、3回目くらいから特別な感情が…」「一般的に言う恋愛感情なのかもしれません」。スタッフが「付き合いたいんですか?」と尋ねると「わかりません!私は23年間恋愛をしたことがないので、これが恋愛感情なのかもわかりません」と戸惑いつつも「恋だと思います」と答えた。

そんなやす子の気持ちにメンバーの岡野陽一は気がついていた。「やす子は完全に、池崎さんのことが好き」「最初は”先輩として尊敬”だったけど、完全に男性として意識してる感がある」と話し、ふたりきりでコントの練習をさせるという気遣いも見せた。やす子は「函館まで渡り切ったら告白します!」という決意を胸に、翌日、舟に乗り込んだ。

いざ、出港!

材木屋さんから貰った良質な木とたくさんの浮き玉で組み上げ、後尾にはアルミ扉を設置したサンシャイン池崎&岡野陽一・やす子チームの舟。これに対し、動力に自転車を使い、牧草を巻くためのビニールで帆を作り、木製パレットや気前のいいお医者さんサーファーに譲ってもらったサーフボードで組み上げたオードリー春日&マミィチームの舟。

結果はサンシャイン池崎&岡野陽一・やす子チームの圧勝で14km以上で勝利のところ、なんと19kmという驚きの記録を出した。一方、荒波のせいでスタートを阻まれたオードリー春日&マミィチームは舟が出航できず棄権となった。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ