脈アリの可能性あり?男性の「けっこう好き」に隠された真意って?

ハウコレ



「けっこう好き」と男性から言われたことがあるという女性も多いのではないでしょうか。その相手があなたの気になる男性であれば、脈があるのかどうか、知りたいですよね。

そこで今回は、「けっこう好き」と言ってくる男性の心理を解説していきます。

■本当は大好きだけど恥ずかしい
「けっこう好き」と言ってくる男性の心理としては、本当は大好きだけど恥ずかしいというものがあります。

「けっこう」ではなく、あなたのことが大好きなのですが、その本当の気持ちを真っ直ぐに表現するのは恥ずかしいため、「けっこう」という曖昧な言葉を使ったのです。

また、彼はあなたのことが好きなのですが、まだあなたに好かれているという実感がないため、このタイミングでは告白できないと思っている場合もあります。

いずれにしろ、あなたのことが好きだからこそ、彼は「けっこう好き」と言ったということです。もっと仲良くなれば、告白される可能性もあります。

■相手の反応を確認したい
相手の反応を確認したいというのも、「けっこう好き」と言ってくる男性の心理です。

彼はあなたが自分に好意があるか確認したいのでしょう。そのため、「けっこう好き」と言ってみて、あなたがどう反応するか確認しているのです。

この心理を持っている場合、ほとんどは脈アリということになります。彼もあなたのことが気になるから、反応を確認したいと思っているのです。

ただし、なんとなくあなたの好意に気づいており、それを確認するためだけに言っているという場合もあります。好意があるわけではないという場合もあるため、脈アリだと決めつけないようにしましょう。

■友達の感覚で言っている
「けっこう好き」という言葉を友達の感覚で言っているという人もいます。つまり、好きは好きなのですが、友達としてけっこう好きだと言っているのです。

彼は女性として好きというわけではないからこそ、普通に好きとは言わず、けっこう好きという言葉を使ったということです。

彼に好きという感情はありますが、この場合は友達としてですので、脈アリとは言えません。

しかし今後、仲良くなっていく中で、友達としての好きから、異性としての好きに変わる可能性もあります。そのため、この段階で彼のことを諦めるのはまだ早いです。

■脈なしでも付き合える可能性はある
「けっこう好き」と言ってくる男性は、あなたに対して悪い感情があるわけではありません。少なくても友達としては好かれていることでしょう。

それを考えれば、脈アリではなかったとしても、今後彼と付き合える可能性はまだ残されているということです。

そのため、今後も彼とたくさん話をしたり、連絡を取り合ったりして、どんどん距離を詰めていくようにすると良いでしょう。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ