あの日までに“痩せる”を叶える!理想の体型に近づく【簡単ダイエットテク】3つ

beauty news tokyo


「あの日までに痩せたい!」と思ってダイエットに取り組む方は少なくないと思います。でも、忙しい毎日を送っていると目の前のことが最優先になってしまい、ダイエットは後回しになってしまいがち。そこで今回は単に“痩せる”を叶えるのはもちろん、ダイエットを長続きさせ、さらには体型キープまで実現できる3つの【簡単ダイエットテク】を紹介します。

1週間分の食事をまとめて用意する


ダイエットの基本となる食事に簡単なダイエットテクを投入してみましょう。おすすめは「あらかじめ食事を1週間分用意してしまう」こと。休日に1週間分の朝食や夕食、そして間食などを準備して、すべてそれぞれパックに小分けにしておけばカロリー計算の面倒も省けますし、何より時短も叶います。



また、採り入れたいのが“冷凍保存”を活用すること。例えば、毎朝のスムージーも、ケールやほうれん草などフレッシュな野菜を毎日カットして用意するとなると面倒だったりするものですが、1週間分の材料(野菜やフルーツなど)をジップロップに1回分ずつに小分けして、そのまま冷凍保存しておきましょう。これなら作る際の手間も省けて材料を無駄にすることもなくなります。

運動するときは“2人以上”で行う


運動するときは、友達同士やパートナーと一緒にするようにすることもダイエットテクの1つ。1人だと怠けてしまったり続かなかったりするような少しキツめのエクササイズも、友達やパートナーと一緒なら気力が湧くだけでなく、何より楽しく取り組めます。

また、好きなモデルや芸能人たちのボディを常に観察して、それをモチベーションを高める人も多いはず。さらに目標に近づくなら、それだけでなく憧れの人が行っている運動を真似してみましょう。海外セレブで例えれば、ジジ・ハディッドやベラ・ハディッドが好きという方ならボクシングを、VSエンジェルたちに憧れるという方は筋トレといったように、自分の好きなモデルや芸能人が実践しているエクササイズを調べてトライしてみてください。

スキマ時間を上手に活用して運動量UP


運動時間を増やすなら、電子レンジを待っている間、電車を待っている間、テレビならコマーシャルの間などなど、ちょっとしたスキマ時間を有効活用するのも一手です。

「じっと待っているだけはもったいない!」と考え方にシフトしてちょっとしたスキマ時間でも足踏みしたり、かかとの上下運動をしたりなど、小まめに体を動かしてカロリーを消費させる方法は色々あるものです。

また、意外と有効的に使えていないのが“歩いている時間”。駅や学校、会社、家などに向かっている時、何も考えずに歩いている方は少なくないと思いますが、「歩幅を大きくする」「背中をまっすぐにして腕を振りながら歩く」「早足で歩く」などのポイントをプラスするだけでカロリー消費がアップします。

今回紹介した3つのテクは“ちょっとした一工夫”といったものですが、毎日欠かさずに行えば確実にダイエットにつながっていくはず。ぜひ参考にして「あの日まで痩せたい!」の後押しにしてみてくださいね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。