40代カジュアル派エディターの【断捨離アウター】4選!【編集部員の自腹買い】

OTONA SALONE



こんにちは。今は朝起きると、とりあえず布団出るのに15分かかるトキタです。

皆さん、緊急事態宣言あけて、少しお買い物モードになったりしてませんか?でも冬服、特にアウターってぼこすかは買えませんよね(単価高いし…)。

と、そこで着道楽である私の断捨離後に残したアウターを厳選してお届けします☆

ちなみに、断捨離したアウターとは?

1.総ファーコート


▶色・・・黒、素材・・・総ファー、お値段・・・数万円

いつか着ると思って数年たったけど、やっぱり着なかった総ファーコート(笑)。デニムとかに合わせるの全然ありな気もするのですが、「お前どこ行くの?」ってつっこまれるなーと思い思い切って捨てました。

2.ウエストベルトつきのロングコート


▶色・・・ネイビー、素材・・・ウール、お値段・・・3万円くらい

一見使えそうなシンプルデザインですが、捨てました。ボリューミーなバサッと着るタイプではなくて、ウエストがキュッとなるXシルエット。なんかこれが古くて…。ベーシックだけど使えないものもありますよね。

3.フード付きダッフルコート


▶色・・・グレー、素材・・・ウール、お値段・・・3万円くらい

ダッフルって定番って思って2年くらい残してましたが、細身のシルエットのせいか全然着なくなってしまった!!あとダッフルも年齢制限あります(笑)?なんだか似合わない気がして、、気分が乗らないので捨てました!

4.ロングニットコート


▶色・・・ブラウン、素材・・・ニットスエット、お値段・・・2万円くらい

バサッとはおれて、ニットスエットというのかな?かなり伸縮性のある使い勝手のいいコートだったんですが、くるぶしくらいの長すぎる丈感が少し前の気分な気がして、着なくなってしまいました…。ということで、こちらも捨て!

こうやって捨てるアウターを決めて、そのうえで残すアウターを見定めると、そもそもこの冬ってアウター買い足すべき?もし買い足すならどんなの?っていうのが把握できる気がするんです。

「ステキだから買う」という衝動をコントロールするために今年は、一度この手順を踏んでみました!

では、以後残したアウター紹介します~☆

①ユニクロ Jのダウンベスト


話題の Jは買っておかなきゃでしょ!と半分以上ミーハー心で購入決めましたが、これが本当に正解だった。

めっちゃ軽くて、動きやすくて、買って良かった逸品。私ダウンベストって実は初めて買ったんです。だって、寒くない?って思ってたから。でも意外と公園で子供と遊ぶときとか、頻繁に手を洗うこのご時世とか(よくそでを濡らすという無精者なので…)、いろいろあいまってコレいい!と。

ただ、吹雪の日とか、朝晩とかは少し寒いかも。なんで、日中比較的アクティブな日のアウターとしておすすめ。



▶ボリュームダウンベスト/ユニクロ+J・・・10,000円くらい

色は黒。Mサイズを購入。154cmの私が着て、お尻がすっぽり隠れるサイズ感。外側は光沢はそこまでなくて、内側はテカテカした素材感。

②ELENDEEKのドロップショルダーコート


確か2~3年前とかに買ったコートです。かなりゆったりしたシルエットなので、ボリューミーなトップス着がちな私としては、重宝してるのです。デザインはごくごくシンプルなので、コーデを選ばないのも長く愛せる理由です。

あとえりが大きいので、何気に小顔に見えそう(笑)。

ただ、ドロップショルダーだから、リュックの日とかはごわごわしちゃってNG。



▶ドロップショルダーコート/ELENDEEK・・・プライス忘れました。

ウール素材で、お尻がすっぽり隠れるサイジング。そでは9分丈くらいで、私はジャスト。

③Not lonelyのMA-1ブルゾン


おしゃれでセンスのいいモデル・垣内彩未ちゃんの手がけるブランド『Not lonely』(ノットロンリー)のブルゾンは確か去年購入。去年もめちゃくちゃ重宝したのですが、今年もすでに週3日で着てるかも!本当にカジュアル好きな私にはド直球に使えるのです。

サイズ感はかなり大きめなんだけど、そのあえての大きさが可愛いのと、中に着こんでも全然OKなのと、どんなボトムにでも合うという魔法みたいな1着。あと真冬でもすごくあったかくて、すごく軽い。これ重要。

MA-1探してる人にはこれおすすめしたいのですが、残念ながら去年からずっとソールドアウト。再販するのかな…?謎に2枚目欲しいくらい!



▶MA-1ブルゾン/not lonely・・・35,000円くらい。

ポケットたくさん、内側にはキーフックもついてて、とりあえずポケットついてないとやだ!という私にはいいことしかないのです。

④IZABEL MARANTのウールコート


スーパードットマーケットというショップで購入したコート。これも3年前くらいかな、、?イザベルマランはふつーに買うと10ウン万円しますが、このお店インポートのアイテムを半額とか割安で販売してるんです(TOMORROWLANDのアウトレット)。

私も記憶があやふやだけど、確か10万円しなくて掘り出し物見つけた!って感じでした。

すそにかけてすぼまってるデザインが大人ぽくて、デニムスタイルなどもイイ感じに品いいヴィンテージ風にまとめてくれます。あとしつこいけど、このコートも軽い(笑)。アウターの軽さって重要じゃないですか??冬の肩こりの半分くらいはアウター軽くしたら、治る気がしてます!



▶ドロップショルダーコート・・・IZABEL MARANT/8万円くらい?

着るとひざ上くらいの長さ。裏地はついてないけど、ウールの密度が高い?のか比較的防寒はできます。



アウターって値段がある程度するので、パパっとは捨てられないけど、私の中では1年間着なかったら捨てる!って決めてます。つまり、去年の冬着なくて、今年も気分じゃないなーってことなら捨てるということです。とはいえ、なかなか100%はできないので、、それでも悩んだら一度ブラックボックスに入れるようにしてます(笑)。そして、また来年同じように頭抱えたら今度こそ!と誓うのです。

皆さんもクローゼットの空間を作るべく、まずは捨てることからはじめてみませんか?

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ