【お笑い実力刃】ザキヤマ、一緒に番組をやりたい女性タレント

12月1日放送『お笑い実力刃』(テレビ朝日系列)はロケの達人SP!友近、おいでやす小田、ずん・飯尾和樹、スピードワゴン・井戸田潤と、ロケ番組には欠かせない達人たちがロケのスキルで対決!グルメ、豪邸訪問、レジャースポット紹介と、ジャンルの違うロケでそれぞれの持ち味を発揮した。

サンドウィッチマン・伊達「安定感抜群のグルメロケ」

最初は、サンドウィッチマン・伊達とおいでやす小田のグルメロケ対決。「塩そば」で有名な専門店をロケ番組風にリポートし、料理のおいしさや店内の雰囲気をわかりやすく伝える。

今やロケ芸人の代表格となったサンドウィッチマン・伊達。開始早々、『ブラタモリ』風の地形解説で意表をつくと、余裕たっぷりのロケを見せていく。

対するおいでやす小田は持ち味の絶叫ツッコミを活かしたロケで爆笑を誘い、互角の戦いとなった。

友近ワールド炸裂!

豪邸訪問ロケでは友近とサンドウィッチマン・富澤が対決。ロケでは敵なしの友近。いきなり藤原紀香のモノマネで登場すると、豪邸の主であるマダムに自然にインタビュー。ダジャレ混じりの小ネタも忘れない。

一方の富澤は最初のうちはテンポのいい情景描写で画面をつないだものの、結局玄関先でのインタビューのみで、肝心の応接間には一歩も入らないという大胆なボケで勝負。

ラストの水族館ロケではザキヤマが登場!自由奔放すぎるハイテンションなボケで終始スタジオを混乱させるザキヤマだったが、富澤から「水族館の人と入念に打ち合わせしたんでしょ?」と聞かれると、思わず赤面。

プロとしてのこだわりが垣間見える瞬間だった。

ザキヤマが意外な本音を暴露?

トークコーナーで「番組にいてほしい共演者」を聞かれたザキヤマ。「うーん…」と悩みつつも、「やっぱり朝日奈央ちゃんかな」。リアクションのテンポがいいので、ボケていても気持ちがいいという。

「リアクションが読みやすいんだもん」。ザキヤマの余計なひと言に、「それは失礼だろ!」とツッコむスタジオメンバーだった。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ