【アウト×デラックス】干物グラドル、幻の深海魚釣り上げなるか

12月2日、フジテレビ系バラエティー『アウト×デラックス』(毎週木曜23時~)にグラビアアイドルの吉野七宝実が登場。趣味の釣りと本業のグラビアを融合した「干物グラビア」がSNSでバズっている吉野。その吉野とアウト×デラックスがタッグを組んで1年間放送してきた企画「吉野カレンダープロジェクト」を放送。

これまで1月~9月は釣り上げた魚を吉野の裸体の上に「衣装」としてまとい、撮影されてきました。そんな芸術作品顔負けの美しさと斬新さのあるグラビアを発表してきた企画も、ついにファイナル。残りの10月~12月の魚を釣り上げる場面とそれを使ったグラビアを発表しました。その出来栄えにスタジオの矢部浩之(ナインティナイン)とマツコ・デラックスも大絶賛した内容とは。

干物グラドルが幻の高級深海魚ベニアコウを釣りあげる

前回9月のタコが「究極形が出ちゃった」とマツコも大絶賛の出来栄えだったため、今回は「自分の中のハードルも上がった」という吉野。そんな吉野が最後を飾るべく、今回は相模湾の深海1000mに生息する深海魚を狙います。1000mと言えば、東京タワーとスカイツリーを足した深さであるため釣り糸を海底に沈めるだけでも1時間かかる大変な作業。そんな吉野は、バラムツ、シゲダラと深海魚らしい獲物を10月と11月分として釣り上げます。

しかし、今一つインパクトにかけるため、ラスト12月は深海魚の中で「高級魚の最高峰」と呼ばれるベニアコウを狙う吉野。しかもベニアコウは吉野が3年間狙い続けてきた夢の魚です。最後の一投にかかった魚は、まさかのベニアコウ。しかも2匹も釣り上げます。その劇的な瞬間に吉野もスタジオのマツコや矢部、山里亮太(南海キャンディーズ)も大興奮となりました。

矢部もマツコも大絶賛のカレンダーが完成

スタジオでは、今回釣り上げた魚を「衣装」としてまとった10月~12月のグラビアが発表。その1つずつの出来の良さにスタジオのメンバーからも感嘆のコメントが出ます。アイドルの戦慄かなのも「深海魚の顔とグロテスクな感じがドラマチック」だと同性からも絶賛されます。特に12月のベニアコウを見て「うぉほっほっほ、ちょっとこれは…」と絶句するマツコ。

こうして1年分のグラビアを撮り終えた『吉野カレンダー』が完成しました。全作品を改めて見直した一同は「1月のマダイでウワーッて盛り上がったけど、順番に見るとすごいな」(矢部)、「ここまで見て、もう一回タチウオに戻るとあれはあれでステキよね、なんで全部オススメ」(マツコ)と興奮が冷めやらない状態でした。そして番組の最後に吉野カレンダーの発売イベントが、12月12日に行われると発表されました。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ