『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』強敵たちの全ぼうが明らかに 俳優・立木文彦、松本梨香、森川智之ら声優陣が参戦

SPICE


12月17日(金)公開の映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』から、キャスト・声優情報が解禁された。

『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』は、放送中の仮面ライダー生誕50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』(テレビ朝日系)を中心とした映画。『仮面ライダーリバイス』では、主人公・五十嵐一輝(前田拳太郎)が悪魔・バイス(声・木村昴)と契約し、仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイスのバディが活躍する姿を描いている。『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』では、1971年、2021年、2071年と、100年間にわたる物語が描かれる中で、初代仮面ライダー、仮面ライダーセイバーらのほか、2071年の仮面ライダーである“仮面ライダーセンチュリー”も登場。これまでに、仮面ライダー1号/本郷猛を、藤岡弘、の息子である俳優・藤岡真威人が演じることが発表されていた。


新たに、悪の秘密結社・ショッカーの幹部を立木文彦が演じることが明らかに。立木が演じるショッカー幹部は、1971年から2021年にやってきたショッカー研究員の百瀬龍之介(中尾明慶)と研究を共にする人物。立木は、『仮面ライダーW』のガイアメモリ音声、『仮面ライダークウガ』、『仮面ライダー剣』、『仮面ライダーディケイド』など、仮面ライダーシリーズに声優として参加してきたが、今回は俳優として出演する。

さらに、仮面ライダーリバイスらの前に登場する悪魔たちの情報も解禁。ある封印が解けて現れたディアブロと、そのディアブロの体内から生まれた4人の悪魔の名前が明かされている。4人の悪魔は、ヒミコ・クリスパー、クフ・クリスパー、エジソン・クリスパー、レオニダス・クリスパーで、それぞれが、古代中国の史書に期されている倭国の女王・卑弥呼、古代エジプトの王でギザの大ピラミッドを建造されたとするクフ、電気を発明したエジソン、スパルタの英雄レオニダスら、歴史上の偉人の遺伝子情報が収められたクリスパースタンプを用いて出現するという。
「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

ディアブロ役は、上田燿司が担当。ヒミコ・クリスパーは松本梨香、クフ・クリスパーは森川智之、エジソン・クリスパーは中尾隆聖、レオニダス・クリスパーは玄田哲章が演じる。

『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』は12月17日(金)全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ