Aマッソがテレビで「結婚暴露スクープ」について語った!

asageiMUSE


 女性お笑いコンビ「Aマッソ」の加納と村上が、自らを襲った週刊誌スクープについて口を開いた! その場面に驚いた視聴者も少なくなかったようだ。

12月1日放送の「あちこちオードリー」(テレビ東京系)には、同じ事務所の先輩後輩であるビビる大木とAマッソがゲスト出演。大木は2010年から情報番組「PON!」(日本テレビ系)の司会を務めており、2013年にはタレントで元Folder5のAKINAと結婚している。

ここでオードリー若林が、結婚したことで「PON!」をやりやすくなったのではと訊ねると、大木は「それはある」と肯定。例として、女性に対して「お綺麗ですね、可愛いですね」といった褒め言葉を言いやすくなったと明かしていた。

その流れで若林は相方の春日俊彰にも結婚についての話を振ることに。そうなると視聴者としても、10月に二人とも結婚していたことを発表していたAマッソに対しても結婚の話を訊ねるのかと、期待が高まるというものだ。

「そんな期待に応えたのか若林は『Aマッソもそういえばそうだよね? ついこの間だよね!?』と、二人に対して結婚の話題を振ったのです。加納は2019年にバンドマンと結婚していたのですが、自ら明かすことなく、東京・杉並区内のマンションでひっそりと夫婦生活を送っていました。ところが10月5日付の『週刊女性PRIME』が、極秘結婚と題して加納の結婚をスクープ。それを受けて同日の夜にはラジオ番組で自ら、結婚していたことを発表するという騒ぎになっていたのです」(芸能ライター)

 先輩のビビる大木と共に「あちこちオードリー」に出演したAマッソ。(C)テレビ東京

先輩のビビる大木と共に「あちこちオードリー」に出演したAマッソ。(C)テレビ東京

若林から結婚話を振られた加納は「バレた」と苦笑い。春日から「結婚したのはちょっと前ってこと?」と訊かれると「3年前くらい」と正直に答えていた。

すると若林は芸能レポーターばりに「なんで言わなかったの?」との質問をブッ込むことに。加納はもともと恋愛の話をする耐性がないことに加え、自分たちの知名度が「絶妙」だと指摘。自分自身、同レベルの知名度を持つ芸人が結婚を発表しても「知らんがな!」と思っていたと語り、結婚を隠していたのではなく、わざわざ言いたくないという感覚だったことを明かしていた。

「その説明に苦笑いしつつ『なるほど』とうなずいていた若林。すると相方の村上も、加納の結婚がスクープされたことを受けて『私は自ら提出したんですよ、バレてないんですけど「ウチも~!」って』と語り、二人そろって結婚を発表した経緯を説明していました」(前出・芸能ライター)

これでAマッソに関する結婚話は終了。すでに表に出ている情報以上のエピソードが語られることはなかったが、テレビ番組でAマッソが自身の結婚について語ったことには驚きの声も寄せられている。なぜ二人は、自身のプライベートについて口を開いたのだろうか。

「これまでは尖った芸風が特徴だったAマッソですが、テレビに出演する機会が増えるにつれて、結婚などのプライベートについても触れる機会が増えることは必然。それを避けるほど尖っていたいのであれば、そもそもテレビに出ない生き方を選んでいるはずです。この日の放送でも、加納がペットショップのロケで動物を抱えて『カワイイ♡』との感想を口にしていたとのエピソードが明かされるなど、かつてのAマッソからは考えられない仕事をこなしている様子が伝わってきました」(前出・芸能ライター)

その加納は春日から「ストレートにやる?食レポとか?」と問われ、「まだ葛藤中です」と答える場面もあった。そんな葛藤のなか、同じコンビ芸人であり結婚した時期もほぼ一緒というオードリーの番組こそが、結婚というプライベートど真ん中の話題をテレビで語るには最適の場所だったのかもしれない。

※トップ画像は「Aマッソマネージャー」公式ツイッター(@amasso_official)より。

当記事はasageiMUSEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ