スキーシーズン到来!滋賀・グランスノー奥伊吹に初冠雪 12月18日オープン予定

IGNITE


スキー&スノーボードシーズンの到来を告げる、嬉しいニュースが飛び込んできた。

関西最大級の規模を持つグランスノー奥伊吹(旧:奥伊吹スキー場)が11月23日(火)朝、スキー場のゲレンデに「初冠雪」を記録。この日は未明から冷え込み、早朝にグランスノー奥伊吹(旧:奥伊吹スキー場)の標高1000m~1250mの山頂付近までのスキー場のゲレンデに初冠雪した。

昨年の11月4日と比べて少し遅い初冠雪となったが、今回の「冷込み、初冠雪」は、スキー場にとって嬉しい便りとなった。

■人工降雪機の増設などで4ヵ月のロングシーズンを目指す


スキー場は12月18日(土)オープン予定(雪が降れば早期オープン)で、11月末までに「リフト搬器の取り付けや全ての検査」を終える予定。現在は「リフトの試運転を行い安全運行の準備」を進めている。

今シーズンは2台で「1億円」のドイツ製の最新モデルのゲレンデ整備車両「圧雪車」導入して整備を行うことや、総額2億7500万円をかけて「人工降雪機」を9基増設して「全27基」で雪造りを行うことで、「4ヵ月のロングシーズン」を目指す。

■関西最大級の規模と積雪量・グランスノー奥伊吹



グランスノー奥伊吹は、滋賀県の北部に位置し、関西最大級の規模と積雪量を誇るスキー場。京阪神・中京圏からのアクセスの良さと、標高の高さからの雪質の良さ、自然の地形を活かした全12コースで、日帰りのスキーヤー・スノーボーダーを中心にシーズン22万人以上の来場者を集める。


また、スキー場に関わる全ての施設(索道施設、レストラン、レンタル、スクール、宿泊施設等)を自社で運営。近年はリフトの新設、最大斜度46度の新コースの造成、降雪機の導入、自動改札システム(ACS)の導入など、先端技術を取り入れた積極的な設備投資を行っている。

12月18日、スキー場のオープンが待ちきれない。

グランスノー奥伊吹
公式サイト https://www.okuibuki.co.jp/

(suzuki)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ