M-1準決勝、人気コンビが続々敗退も「波乱ではない」と元M-1ファイナリスト

日刊SPA!

 2021年もコロナの猛威は収まることをしらず、8月中旬には過去最高の5000人以上の感染者数を記録する。しかし、そこから全国的にワクチンが行き届いたという成果もあってか感染者数は減少の一途をたどっていった。

それに伴いイベントの有観客数は増加し、12月2日に行われた「M-1グランプリ2021」準決勝はほぼ満席での開催となった。

わたくし、ユウキロック(元M-1ファイナリスト)は今回、仕事の関係で会場に行くことができず配信での観覧となったが、映像からだけでも観客のテンションの高さが伺いしれた。やはり満席というのは漫才師だけではなく、観客のボルテージも上げる。オープニングから観客は興奮し、舞台は最高の状態に仕上がっていた。

◆Aブロック

◆滝音

トップバッターとして登場したのが準々決勝観戦客から敗退に「納得がいかない」という声が大きかったキングオブコント2020ファイナリストでもある「滝音」だ。その声がそのまま反映されたのか、準々決勝で1度は敗北したもののネタ動画の視聴数ナンバーワンコンビだけが準決勝に勝ち上がれる「Gyaoワイルドカード」で復活する。

さすけ君のツッコミワードで大きな笑いを生むが、後半にもう少し畳み掛けがあれば審査員の見え方も変わったかもしれない。

◆ヨネダ2000

2番手はコンビ歴2年の新星女性コンビ「ヨネダ2000」。12月13日に放送される女芸人No.1決定戦 THE W 2021のファイナリストでもあり、Wファイナリストを狙う。

会場で観戦していたスタッフに聞いたところ、もの凄いウケだったという。しかし、配信ではほとんど無音でネタの内容が一切わからなかった。なぜなら一人がほぼずっと歌を歌っており、そこが権利許諾の都合で無音にされていたのだ。

ほかのコンビでも時折無音な部分はあったがネタの内容がわからないことはなく、ほぼ全編無音だったのは「ヨネダ2000」だけである。もの凄くウケていたのに敗退した理由はこれがすべてではないだろうが、今や配信、その後もDVD発売などが控えている。

もし同じ評価のコンビがいた場合は、やはり使いづらいほうが落選しやすいと考えると、こういった部分にも今後は配慮が必要なのかと思う。

◆ニューヨーク

3番手に登場したM-1、キングオブコントともに2年連続ファイナリストでもある「ニューヨーク」。昨年同様に際どいネタで締めも落語っぼく、俺は最高に面白かったと感じたが敗退。

審査員には昨年よりもさらに際どいと思われたのかもしれない。連続出場も途絶える結果となってしまった。

◆カベポスター、マユリカ

4番手と5番手は関西の賞レースでは必ず顔を出す実力派コンビ「カベポスター」と「マユリカ」。しっかりとウケているし内容やキャラクターでも魅せる部分は十分にあった。

しかし今回は後半に突飛なコンビのオンパレードでそのコンビたちと比べられるとこの2組でさえも普通に見えてしまう。それぐらい今回の準決勝は“治安が悪い”。

◆ハライチ

6番手に登場したのが4年ぶりにM-1にエントリーしてきた「ハライチ」だ。ブランクは一切ない。そんなもの感じるはずがないのだ。なぜならそこにいた「ハライチ」はまた新しい「ハライチ」だったからだ。古さがないからこそ準決勝まで残っているのだ。しっかりと爆笑をかっさらった。

◆真空ジェシカ

Aブロックの最後、7番手は「真空ジェシカ」だ。関東のお笑いシーンではいつM-1決勝に行ってもおかしくないと言われていた彼ら。何度も準々決勝の壁に阻まれていたが、今回初の準決勝進出を果たし、大爆発。もともとボケの破壊力には定評のあったコンビだっただけに観客の心に突き刺さり、初の決勝進出となった。

ここでAブロックが終了。「こんなにウケたら後半どうなるのか?」と不安になるほどの反応のよさである。その中でも「ニューヨーク」には敗者復活戦で意地を見せてもらいたい。

◆Bブロック

◆東京ホテイソン

トップバッターは「東京ホテイソン」。毎年変化に変化を重ねて昨年悲願のファイナリストとなった彼ら。今年もまた変化した「東京ホテイソン」を披露しウケを取るのだが、少しだけ、ほんの少しだけ「トム・ブラウン」っぽく映った部分があった。そういった部分が審査員にキャッチされたのかもしれない。

◆見取り図

2番手は3年連続ファイナリスト、今やM-1グランプリの顔である「見取り図」の登場だ。昨年の準決勝は半分空席で開催されており、重い空気だった舞台をツッコミである盛山君のパワープレイで場の空気をしっかり作り、他との差別化をしっかり出すことができた。

しかし、今年は満席で観客ができあがっており、全組がウケている状態の中、大きな笑いをとっている連続出場コンビもはっきりとした差別化を図ることができず、敗退となるのだった。

◆ゆにばーす

昨年のファイナリスト後、3番手に登場したのがかつてのファイナリストである「ゆにばーす」だ。2017年から2年連続ファイナリストだった「ゆにばーす」も2019年は準々決勝敗退。そして、昨年は準決勝敗退と辛酸を嘗めてきた。

心が折れても仕方がないと思うような状況でも2人の漫才にかける気持ちは折れなかった。ツカミから面白く、男女コンビだからこそできるネタであり、構成も緻密に作られていた。昨年のファイナリストを蹴散らし、決勝の舞台に返り咲いた。

◆ロングコートダディ

4番手に登場はキングオブコント2020ファイナリスト、関西勢の「ロングコートダディ」。設定から面白く、わかりやすく、そして練り上げられている完璧なネタだった。ボケ数よりも破壊力重視で一撃一撃が強い。初の決勝進出であり、決勝の審査員にはハマりそうな気がする。

◆男性ブランコ

5番手はキングオブコント2021準優勝「男性ブランコ」。コントのイメージが強いせいか昨年まで準々決勝と3回戦を行ったり、来たりしていた彼らだったが、今年ついに準決勝進出。しっかりとウケているのだが、前出番だった「ロングコートダディ」の出来があまりにもよく、埋もれてしまったような印象である。

◆アインシュタイン

Bブロックのトリとなる6番手は「アインシュタイン」だ。昨年準々決勝敗退から準々決勝の舞台に戻ってきたが敗退。設定自体が当日のお客さんにハマっていない、受け入れられていない印象を受けた。

後半もボケ担当稲田君が無茶苦茶しているのだが、Cブロック、Dブロックにもっと無茶苦茶をするコンビが控えており、それに比べるとノーマルな印象になってしまった感は否めない。

◆Cブロック

◆もも

トップバッターは昨年から期待していた関西の新星コンビ「もも」がついに準決勝の舞台に登場。吉本興業所属の芸人は自社で劇場もあり、営業の数も多いのでほかの事務所の漫才師に比べて大きな舞台に強い。

しかし、「もも」クラスの若手はまだそこまで営業の数もこなしていないようで序盤は普段よりもゆっくりとスタートさせていた。緊張感も伝わってくる。それでも後半にかけてギアを上げていく。ネタ内容も今までのウケのいい部分も集中させ、「モモ」のネタのオールスターのような内容で決勝の切符を掴み取った。

◆オズワルド

2番手は「オズワルド」。敗者復活戦を経ることなく、正面突破で連続出場をしていた「ニューヨーク」「見取り図」が敗退し、残るは「オズワルド」だけ。

設定も面白く、ツカミから大きな笑いが起こる。内容も冴えていて、ツッコミ担当の伊藤君がしゃべるたびに笑いが起きている。後半も無理なく伊藤君が上げきり、完璧な内容だった。3年連続、正面突破の決勝進出だ。

◆ランジャタイ

3番手は問題児「ランジャタイ」が登場した。前回大会の敗者復活戦は最下位。「国民最低!」というセリフを残し去っていった2人だが、注目度が上がりこの1年で「ランジャタイ」に対する理解が深まり、準決勝ではボケ担当国崎君が叫ぶだけでウケるという状態。26組の中でどのコンビよりもウケていたのではないかという印象だ。

ならば決勝に送り込まずにはいられないだろう。決勝進出者発表直後のTwitterトレンドランキングでは、なんと「M-1グランプリ」を抑えて、「ランジャタイ」が1位になった。これは事件なのである。

◆金属バット

4番手はこちらも問題児「金属バット」の登場だ。僕の見立てではネタの出来はめちゃくちゃよかった。決勝進出しても良かったのではないかと思える内容だった。しかし、これも「ランジャタイ」のせいなのかもしれない。本当にもったいない。敗者復活戦で国民に訴えたい。

◆ダイタク

5番手は準決勝常連である双子漫才師「ダイタク」。ボケ数も多く放っている、後半も畳み掛けている、内容も悪くはない。ただ、このブロックは「もも」から始まり「オズワルド」「ランジャタイ」「金属バット」と、あまりにもクセが強いメンバーが連なり、双子漫才師が薄味に見える異常事態が起きた。

◆からし蓮根

6番手はM-1グランプリ2019ファイナリストの「からし蓮根」が返り咲きを狙ったが、惜しくも敗退となった。何度もいうが全然ウケている。力強いウケもあり、ボケ数も多く、後半もよかった。ただファイナリストのバランスを考えた場合、しゃべくりからコントへ入る通称「漫才コント」を選択する漫才師も多く、その戦い、選択という部分で敗れ去ったのかもしれない。こればかりは仕方がないところだ。

◆インディアンス

混乱のCブロック最後の7番手は2連続ファイナリストである「インディアンス」だ。とはいえ昨年は敗者復活戦からの勝ち上がりであり、2人は正面突破したいと願っているだろう。その昔はインディアンスのようなハイテンションでハイテンポの漫才師は多く存在した。俺自身もインディアンスと同系統の漫才をしていたと思う。しかし、今現在あまりこのタイプはおらず、十分なテクニックがあり、技法も多く使用するインディアンスは逆に唯一無二感ある。2年ぶりの正面突破で決めた決勝進出である。

◆Dブロック

◆ヘンダーソン

トップバッターはコンビ歴13年目で初の準決勝進出を果たした関西で活躍する「ヘンダーソン」。ネタのフォーマットはとても面白い。内容も面白く笑わしてもらった。ただほかのコンビに比べてベテラン感が強く見える。うまいのだが、舞台はM-1グランプリなのだ。熱い部分が垣間見えたほうがいい。けど、敗者復活戦で知らない人に大きく観てほしいコンビだ。

◆キュウ

2番手は「キュウ」。M-1だからなのかわからないが、普段のネタよりも少しわかりづらい印象であり、笑いどころの提示も少なく感じた。お客さんも若干疲れが出たのかもしれない。

◆アルコ&ピース

3番手は「アルコ&ピース」である。THE MANZAI2021で爆発したネタの進化版のような内容で久しぶりのM-1にもかかわらず上々のウケだった。ただ他者がいて成り立つような部分があり、そこが審査員的に問題視されたのかもしれない。

◆錦鯉

4番手は昨年のファイナリスト「錦鯉」の登場である。最年長ファイナリストである「錦鯉」がどのコンビよりも熱い漫才を披露。そして、ついに「錦鯉」の実力者、ツッコミ担当渡辺君が刀を抜いてきた。凄みさえあるツッコミでどんどん笑いを作っていく。堂々の決勝進出である。

◆モグライダー

5番手は関東の実力派コンビ「モグライダー」。とにかくこのコンビはどのコンビよりもツカミが早い。そして設定も面白くわかりやすく、準決勝初登場にして「錦鯉」を食う勢いのウケ具合だった。そして、決勝も決めてみせた。

◆さや香

準決勝最後の登場が「さや香」である。M-1グランプリ2017ファイナリストの「さや香」もここ3年は準決勝すら上がれず苦しんでいた。そこで大きなリニューアルを敢行し挑んだこの大会で準決勝に戻ってきた。しかし、当日の観客はテンションが高く、前半からウケている。最後まで体力が持つかと気になっていたが「錦鯉」と「モグライダー」ですべてを使い果たした。後半もっとウケてもいいと思うところで反応が薄く順番にやられた印象だ。敗者復活戦の巻き返しに期待したい。

準決勝の会場である「NEW PIER HALL」に集まった観客のテンションは尋常ではなかった。この2年間、芸人たちは大勢の観客の前で漫才がしたいと願っただろう。そして、観客も漫才を観て大きな声で笑いたいと思っていたはず。その両者の鬱憤が爆発したような準決勝だった。

今回、初出場組が5組と多く選出され、常連組でテレビで活躍する漫才師が多く敗退する結果となった。僕自身が漫才師としてM-1グランプリに出場していた時代よりも芸人も多くなり、漫才自体も多様化した。

昨年の「漫才か? 漫才じゃないか?」論争を経て、多様化した異色漫才師たちを押しやすい状況になり、そんな異色漫才師たちもこのチャンスに牙をむき、人気者たちに立ち向かった。

これは波乱でも何でもない。すべて時代のせいにしてはならない。敗退した芸人たちよ! 次はお前らの番だ!

<文/ユウキロック 撮影/藤井洋平>

【ユウキロック】

1972年、大阪府生まれ。1992年、11期生としてNSC大阪校に入校。主な同期に「中川家」、ケンドーコバヤシ、たむらけんじ、陣内智則らがいる。NSC在学中にケンドーコバヤシと「松口VS小林」を結成。1995年に解散後、大上邦博と「ハリガネロック」を結成、「ABCお笑い新人グランプリ」など賞レースを席巻。その後も「第1回M-1グランプリ」準優勝、「第4回爆笑オンエアバトル チャンピオン大会」優勝などの実績を重ねるが、2014年にコンビを解散。著書『芸人迷子』

当記事は日刊SPA!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ