立田恭三アナ、林マオアナからの大量の差し入れを「定期便って呼んでます」読売テレビアナウンサーチャンネル【アナかる】

テレビドガッチ

YouTubeに開設中の「読売テレビアナウンサーチャンネル」で不定期におこなわれている人気企画のひとつ「アナウンサーのあるあるカルタ」、略して【アナかる】。箱の中からひらがな一文字が書かれたピンポン玉を引き、その文字から始まる「アナウンサーあるあるカルタ」をつくる。今回は2021年1月14日、中村秀香アナウンサーと立田恭三アナウンサーによる【アナかる】の一部始終をご紹介!

-----------------
中村秀香アナウンサー(以下、中村):あけまして、おめでとうござます。
立田恭三アナウンサー(以下、立田):おめでとうございます!
中村:今回は【アナかる】をやっていきたいと思います。
立田:ま、お正月といえば、かるただからね。
中村:おぉ~、そうですね!
立田:そのためにやっているんでしょ?
中村:そのため……?
立田:お正月に間に合わせるために!
中村:あぁ~。
立田:来年のね。2022年に間に合わせるためにね!
中村:来年に間に合えば、なんとかなりますからね。
立田:そうそうそう。今年はもう、間に合わなかった!
中村:(笑)。
  ※立田アナ、中村アナから促され、

立田:お、いいですか?(とピンポン玉が入った箱に手を入れて)めちゃくちゃ(ピンポン玉が)残ってますやん(笑)。
中村:ハハハハハ。

立田:はい、来ました。『お』!

中村:おぉ~?
立田:なるほどね~。『お』ですよ。

※2人、真剣に考え中

立田:(答えを書きながら)なるほど。ちょっとやっぱ語呂がいいというか。テンポのいい……。
中村:かるたですからね。
  ※立田アナ、かるた披露

立田:『おかしの差し入れ、いっぱいくれる林さん』

中村:アハハハハ。くれる~!
立田:これね。林(マオ)さん曰く、義理のお母さんがたくさん購入してくれるのか、もらってくるのかわからないんですけど……。
中村:どういう経緯でもらってくるのか……。
立田:わかんないんですけど、「義理の母からの差し入れです」という形で、林さんがね、あの~、スゴい量ですよね。
中村:スゴい、箱で!
立田:月1回か2回くらいあるよね。
中村:ありますね。
立田:定期的に。“定期便”って呼んでいますけど(笑)。
中村:……言って大丈夫なんですか?
立田:大丈夫でしょ?
中村:義理のお母さんはアナウンス部にまで、自分が渡したお菓子が流れ着いているって……。
立田:アハハハハハ!
中村:知っているんですかね!?
立田:あの~。めぐりめぐって、こう。我々がすごくね。ハッピーになっているという。
中村:はい。ありがたいです。
立田:いっぱいくれる林さん。
中村:いつもありがとうございます!
  ※中村アナ、かるた披露

中村:『おやまさんの笑顔、歯全部見えてる』

立田:クッククク……。アハハハハハ!
立田:それ……普通、みんな全部歯が見えているんじゃないの(笑)。
中村:いや、尾山さんの笑顔、弾けんばかりの太陽みたいな笑顔なんですよ、もう(笑)。
立田:そういうことか~。
中村:目がえびすさんみたいで。口も。口の中が全部見えるんじゃないかっていうくらい、ニカ~っと笑うから。
立田:僕はこれ好きですけどね~。
中村:本当ですか?
立田:歯、全部見えてるっていうのがなんか、語呂がいい(笑)。
  ※というわけで認定かるたを決定!

中村:どうします? 私、こっち(おかしの差し入れ、いっぱいくれる林さん)あるあるだと思いますけど。
立田:そうですか?
中村:はい。
立田:こっちのほうがリードしてる?
中村:満場一致はこっちだと思います。
立田:あ~。これでいい? いきなり?
中村:林さんにします? 初アナかるですし。
立田:やったー!
中村:せっかくなので。
立田:ありがとうございます! 林さんの義理のお母さん、ありがとうございます(笑)。
中村:ということで、『お』は……。
立田:『おかしの差し入れ、いっぱいくれる林さん』

中村:決まりました~!
立田:ありがとうございます!

■女性アナウンサーが入社後に必ず聞かれる“あるある”な質問

中村:いきまーす。

※中村アナ、箱からピンポン玉をひとつ取り出して

中村:うん……『え』!

立田:おぉ~『え』、ですか……。

※2人、真剣に考え中

立田:これ、またあの……「えがお、歯、全部見えてる」ってやつで来るんじゃないの(笑)。
中村:「えがお、歯、全部見えてる尾山さん」(笑)。
  ※中村アナ、かるた披露

中村:『えらべないよ。どの女性アナかなんて』

立田:なんだ、それ(笑)。なんで、選ぼうとしてるの!?
中村:入社したら聞かれるんですよ。
立田:はい。
中村:「どの女性アナを目指しているの?」とか。
立田:アハハハハハ!
中村:「どの女性アナを尊敬しているの?」とか。
立田:なるほど、なるほど。
中村:「どの女性アナになりたいの?』みたいな。
立田:そうですね。
中村:選べないじゃないですか。
立田:選べないですね。
中村:どの先輩アナもそれぞれ良いところがあって、それぞれ尊敬すべきところがあって、なので。
立田:しいて言うなら?
中村:森若(佐紀子)さんです(笑)。
立田:選んでますね~(笑)。
中村:いやいやいや。
  ※立田アナ、かるた披露

立田:はいこちら。『えび、かに苦手な平松くん』

中村:アハハハハハ。事実(笑)。
立田:これはね。魚介系が苦手なんですよ。
中村:そう。困っているんですよね。
立田:まったく食べられない。アレルギーとかじゃなく、磯の香りがするものが全般的に無理だっていう話をしていて。その話をうちの妻にしていたら、「平松くんは、海水浴もダメなのかな?」って言いだして(笑)。
中村:いやいや、それはいけます(笑)。
立田:それはいけるって。こういうちょっと、ポップなやつで(笑)。
  ※というわけで認定かるた決定

立田:「えび、かに苦手な平松くん」か、「えらべないよ~」か。
中村:その二択ですか!? これ(えび、かに苦手な平松くん)はボツでしょ(笑)。
立田:これボツ?
中村:ボツでしょ。知る人ぞ知るっていう。
立田:ボツか……。
中村:え~、じゃあ、私のでいいですか?
立田:「えらべないよ~。どの女性アナかなんて」(笑)。
中村:いいですか?
立田:そういうことですね。
中村:はい。じゃあかるたの『え』は、「えらべないよ~。どの女性アナかなんて」に、決まりました!

※2人、拍手!
中村:『えらべないよ~。どの女性アナかなんて』

■信ぴょう性に問題も?立田アナ2021年の野望は“タシュラン”

立田:2021年、始まりましたけども。今年の目標みたいなのはあるんですか?
中村:今年の目標……。いい体づくり。
立田:体づくり。何それ?
中村:『す・またん!』でレポーターさんが体づくりをしてコンテストに出ているじゃないですか。
立田:あ~「ベストボディ・ジャパン」ね!
中村:あれ見て、筋肉って美しいなって。
立田:お~、どうした!?
中村:ちょっと思ったんですよ(笑)。私、運動部に入ったこともないですし、人生の中で長く運動したことが、「いっこい」もない。
立田:いっこいもない(笑)。いっこいもないわ、そりゃ!
中村:いっこいもないので、美しい筋肉を手にいれたいなと。
立田:いっこい、にこい。やってみようと(笑)。
中村:いっこい、にこい。筋トレ頑張ってやっていきたいなと。
立田:ハハハハハハ!
中村:立田さんは?
立田:そうですね、抱負……。今年ね、やりたいなと思っているのは、お店を見つけるのが大好きなんですよ。
中村:飲食店ですか?
立田:飲食店。とにかく新しいお店を。ここよりもあっちのお店のほうが、個人的には好きだなっていうのがあるじゃないですか。
中村:え~、いいですね。
立田:そういったものを、自分の中でまとめて、点数つけてね。
中村:それ、ミシュランみたいなの?
立田:そう、タシュランみたいな(笑)。
中村:タシュラン。それ、信ぴょう性あるんですか?
立田:あります、あります! ありますよ!
中村:ミシュランは審査員がちゃんとしているっていう……。
立田:ちゃんとしているじゃないですか!
中村:信頼性があるじゃないですか。
立田:ちゃんとしていますよ。YouTubeでもね。
中村:タシュラン?
立田:ある程度食リポには定評がありますから。
中村:そうでしたっけ?
立田:いや、ないか(笑)。
中村:この前、(立田アナが)ラーメンの食リポして、麺のことを餅って言っていましたね(笑)。
立田:違う違う!「モチモチした麺を……」って言おうとしたら、「ん~、いいですね、この餅」って言っちゃったという(笑)。

【書き起こし:井出尚志】

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ