angelaが『蒼穹のファフナー』と歩んだ楽曲制作17年の思い

『蒼穹のファフナー』が現在劇場先行上映中の『THE BEYOND』十~十二話で、遂に事実上のシリーズ完結を迎えた。17年もの長きにわたってシリーズの楽曲を担当し、文字通り作品の大きな柱を担ってきたangelaにロングインタビューを敢行。後編となる本稿では、これまでのシリーズを振り返っての楽曲の思い出、また年末に控えた『ファフナー』曲オンリーのライブイベントへの意気込みを語ってもらった。

――これまで17年間『ファフナー』に関わってたわけですが、改めてその仕事をふり返ってみて、どんな印象を抱かれていますか。

KATSU ある意味しんどかったですね、他の仕事をしていても常に『ファフナー』が頭の片隅にあるような状態でしたから。

atsuko やっぱり長い時間が過ぎた、という感じがしますね。イメージソングの『fly me to the sky』や『Shangri-La』を当時買ってくれた中学生のファンが、今やお子さんを連れてライブを観に来られたり、キャンペーンで回ったアニメショップの店長になられていたりしますから(笑)。

――これまでのシリーズで、一番大変だったというものは何になりますか。

KATSU 楽曲数で言えば『蒼穹のファフナー THE BEYOND』なんですが……。

atsuko まず『Shangri-La』が大変でしたね。初めてのトライだったので、これが正解なのかどうかがわからず不安でした。あとは『EXODUS』かな? 『HEAVEN AND EARTH』から数年作品と離れていたので、自分の中の ”ファフ味” 、っていうんですか……?

KATSU ファフナー因子、弱まってたよね(笑)。

atsuko そう、まさかやるとは思ってなかった上に、2クール放送のTVシリーズで。そのOP『イクジスト』を作る時が一番大変でした。

KATSU そうですね。『HEAVEN AND EARTH』で全て出し切った空っぽの中で作るだけでなく、島民の高い期待にも応えないといけない――そこでも『Shangri-La』と比較されるという壁を感じました。OPが2曲という発注がありまして、先に『DEAD OR ALIVE』が出来て、これがまた自信作だったものですから、それを超える曲をもう1つ……というのは、確かにしんどかったです。

――でもangelaは常に「最高」を更新していくから凄いですよ。今回も『THE BEYOND』最高! と思っていたら、さらに『叫べ』が来てウオーっと盛り上がれるという。

atsuko 『叫べ』も「後半、戦闘シーンが盛り上がって来るからもっと激しい曲を」と後で発注が来たんですよ(笑)。

KATSU でも、僕はそれが嬉しかったんです。『THE BEYOND』が作品の後半の展開についていけているかどうかが心配だったので、ずっと「曲を作りたい!」と事務所の中で言い続けていたものですから、オファーが来た時「よし! MAX出します!」と。

――KATSUさん、どんだけ『ファフナー』が好きなんだという話ですね(笑)。ちなみにこれまで『ファフナー』のために作った楽曲の中からお気に入りの楽曲を選ぶとすると……?

KATSU 僕はもう決まってます、『愛すること』です。カノンとの別れの時に流れるあの挿入歌ができたのって本当にまぐれか、もしくは何かが乗り移った結果だったと思うんですよね。

atsuko  曲が流れるシチュエーションを細かく教えて頂いていたので、カノンの気持ちに寄り添える言葉を選ぶことができましたね。ある意味、キャラクターソングと言えるかもしれません。

KATSU 俺はatsukoの書いた歌詞を読んだ時、カノンの言えなかったことが見事に補完されているから「天才かよ、すげー!」って思いましたね。あと、この曲は珍しく能戸(隆)監督からダメ出しが出たことでも記憶に残っていまして。最初はカノンへの感謝を込めて曲の頭が少し明るく始まる形だったんですけれど、「カノンは一騎や仲間たちに未練を残して死んでいくんです、ですから頭もマイナー調に直してください」と言われました。で、本編を観たらあの演出じゃないですか……本当にあの曲をangelaだけの手柄にするのは申し訳ないですよ。

――atsukoさんはいかがですか。

atsuko そうですね……『RIGHT OF LEFT』の『果て無きモノローグ』とか好きです。歌詞の内容が、実家がなくなってしまった私の故郷とリンクしたりして心に残っています。あと『EXODUS』の『その時、蒼穹へ』。あれは歌詞と曲が一緒に出来たんですが、そういう曲って力があるんですよね。でも、能戸監督はこの曲のタイトルを『飛べ!ファフナー』と勝手に覚えていたという(笑)。そういう印象を与えたという意味でも思い出深いです。

――歌詞に引っ張られ過ぎですよね(笑)。

KATSU あと僕は『THE BEYOND』で言えば、『過ぎ去りし日よ』が意外に好きですね。『ファフナ―』が終わるという寂しさの中で作ったので印象が強いんですよ。

atsuko 『Proof』も好きかな。何であの時期の私にあの曲が書けたのか、未だにわからない……。

KATSU angela的には『Separation』より強い1曲ですね。

atsuko 『ファフナー』パワーなんでしょうか、生まれて死にゆく者の心理が見事に書けていて、自分でも凄いなと思える(笑)。不思議な曲ですね。

KATSU 一度島民のみんなにアンケート取りたいんですよ、『イグジスト』と『DEAD OR ALIVE』どっちが好きか訊きたいっていう。

atsuko 何それ?

KATSU いや、どっちが好きかと言えば、多分『イグジスト』な気がするんだけど、俺としては「ちょっと『DEAD OR ALIVE』の評価が低すぎないかい?」という思いがあって。

atsuko そうかな?

――そもそも何がソースなんですか、その評価の話は(笑)。新曲を出すたびに島民から高い評価を受けているじゃないですか。

atsuko おかげさまでディスられることも少なく……本当にありがとうございます。

――さて最後になりますが、12月28日には『蒼穹のファフナー FINAL Fes in パシフィコ横浜』Day2『angela LIVE -蒼穹作戦-』が開催されます。

atsuko 11年前にも「全曲ライブ」をやっているんですが、その時は実は曲が足らなくてアンコールでは別の曲をやるという状況だったんです。ところが今回は逆に曲が多くなっているので、どの曲をやるのかという選考の段階で揉めているという(笑)。『ファフナー』の曲だけでやる久しぶりの有観客ライブなだけでなく、今回は映像もかなり使わせて頂けるということで、あの名シーンにこの曲を! という仕掛けも楽しみにしていただけると。

――おおっ、これはとんでもないことになりそうですね!

atsuko あと、できるだけ笑いを入れずに頑張りたいと思います(笑)。MCを挟まず、島民の皆さんが『ファフナー』の世界に浸れるようにしたいので……。

――では最後に、この記事を読んでいる皆さんにメッセージをお願い致します。

atsuko 『ファフナー』は私たちをangelaにしてくれた作品です。これまで数々の痛みを乗り越えて楽曲を作ってきましたが、それを受け入れて頂いたことでさらなる意欲を戴いてきました。今回『ファフナー』は最終章となりますが、我々はこれからも『ファフナー』の楽曲を歌い続けていきます。作品と共に過ごした宝物のような時間を抱きしめて、これからも力強く人生を歩んでいきましょう!

KATSU 17年間という長い時間を過ごしただけに『蒼穹のファフナー』とangelaは特別な関係だと思っています。「『ファフナー』の楽曲はアニソンじゃなくファフソンだ」と言ってきたし、ここで終わってしまうことはファンの皆さん同様にショックですが、12月28日のフェスの時に「『ファフナー』の楽曲がangelaで良かった」と言ってもらえるライブをやれる自信があります。皆さんと一緒に『ファフナー』を見送りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します!

>>>『蒼穹のファフナー THE BEYOND』キービジュアル、配信シングルジャケットを見る(写真3点)

angela
ヴォーカルのatsuko、ギター&アレンジのKATSUから成るユニット。
2003年、『明日への brilliant road』(『宇宙のステルヴィア』OPテーマ)でメジャーデビュー。以降も『蒼穹のファフナー』『K』『シドニアの騎士』など数々の人気アニメシリーズの主題歌を担当する実力派アーティストである。
12月28日には、11年ぶりに『蒼穹のファフナー』の曲だけで構成された『蒼穹のファフナーFINAL Fes in パシフィコ横浜』Day2『angela LIVE 蒼穹作戦』を開催。

(C)XEBEC・FAFNER BEYOND PROJECT

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ