SnowMan・向井康二、楽屋で号泣するストレス解消法にファンキュン死「守りたすぎる」

Quick Timez


画像:時事

2日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ系列)。

男性アイドルグループ・SnowManの向井康二さんが出演しました。

向井さんは、「メンタルが弱い人」としてストレス発散に号泣することを挙げ、共演陣らをドン引きさせました。

SnowMan・向井康二、ストレス解消は楽屋で号泣!


2日に放送された「ダウンタウンDX」(日本テレビ系列)。

男性アイドルグループ・SnowManの向井康二さんが出演しました。

メンタルが弱いという向井さんは、ダンスを覚えるのが遅かったり、街中で自分だけ気づかれずに落ち込むこともあるそうで、証言者として同グループの深澤辰哉さんと宮舘涼太さんがVTR出演し、いかにメンタルが弱いのかを証言。

「関西人で1人で落ち込みやすく、ちょっとしたことで泣いてしまう」、「リハーサルで休憩に入ると部屋を出て、戻ってきたら目が真っ赤だった」、「今日は泣かないで頑張って」とメンバーから激励されます。

メンバーよりダンスの覚えが悪いと「足を引っ張ってしまった」と泣いてしまい、後輩であるラウールさんに冗談を言われても間に受けて泣くため、気を遣われるなどヘタレぶりが次々と露呈。

落ち込まない考え方をしようと、自身の下の名前「康二」をもじって「コジティブシンキング」を謳うもまったく効果がないようで、この日の収録でも緊張から手が震えて今にも泣きそうな状態であることを激白していました。

この様子にファンからは、

《仕事の合間に号泣する康二くん、守りたすぎる 》

《向井くんのディープな部分を見た気がしてソワソワしてるし笑ってしまった》

《コージくん頑張ってたね!》

など、ファンの間では泣き虫として有名なようで守ってあげたいファンからの書き込みが殺到しました。

向井康二、繊細すぎて号泣連発


向井さんのストレス解消法は、何と号泣すること。

仕事の合間に楽屋で、平井堅さんの「even if」(2000)をで聴き、号泣している様子がVTRで流れ、仁きり泣いた後に仕事に戻る姿勢は、スタジオから「大丈夫?」との声が漏れます。

エンディングが近づくと再び同じ曲が流れ、イントロ部分で早々に鼻をすすり自身の世界に入っていく向井さん。

眉毛をピクピクさせ、サビに入るまでには涙が流れるなどスタジオにいる共演者らはドン引きし、「ファンしか喜ばねえ映像」とバッサリ。

号泣するシーンを捉えようと、向井さんの目元が映し出されたところ、その長い睫毛がネットで話題となるなど、視聴者からは別の意味で注目を浴びたようですが、涙でスッキリして次の仕事に向かえるのならば号泣も悪くないのかもしれません。

(文:Quick Timez編集部)

当記事はQuick Timezの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ