Grace Aimi、デビューアルバムより「Karaoke Queen」MVの公開が決定 Spotify公式プレイリストのカバーにも選出

SPICE


沖縄出身のポップ・シンガーGrace Aimiが、先日リリースしたデビュー・アルバム「If」の収録曲から「Karaoke Queen」のミュージックビデオを12月6日(月)21:00にプレミア公開することを発表した。

「Karaoke Queen」は、80年代のMTVから流れてくるシンセポップをイメージし、Chaki Zuluによるプロデュースと、Grace Aimiのハスキー且つ滑らかな声がマッチした曲となっている。ミュージックビデオは現在様々なジャンルのMVを手がけ、SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2021にてBEST VIDEO DIRECTOR賞を受賞した気鋭映像作家 新保拓人が担当。カラオケ屋で店員を演じるGraceが、ギャルが盛り上がる部屋にいくと、、というストーリーになっている。80年代をイメージした服装とメイクもポイントの、見どころ満載のミュージックビデオとなっている。

また、Spotifyによるローカルプレイリスト「EQUAL Japan」マンスリーアーティストにGrace Aimiが選出され、12月1日から公開された。同プレイリストはオーディオ分野における女性の地位向上を推進し、女性の世界的な貢献を称える取り組みとして開始された​​プログラムの一貫。世界中の女性アーティストの作品を集めた「EQUAL」のグローバル旗艦プレイリストのほか、50を超える国と地域で35のローカルプレイリストが展開されている。Z世代を代表する女性アーティストとして今回Grace Aimiが選出、12月16日EST(NY時間)にはニューヨーク、タイムズスクエアのサイネージに24時間登場する。

「Karaoke Queen」MV

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ