“日本一高地”の花火大会、第一回「富士山花火」開催決定

SPICE


富士山花火実行委員会が、2021年12月18日(土)に「富士山花火2021」の開催を発表した。

この花火大会の舞台は富士山の2号目にある「PICA富士ぐりんぱ」。標高1000メートル以上の高地で行う、まさに日本で一番高い場所で開催される花火大会である。

花火の製作は、内閣総理大臣賞受賞歴もある、静岡の花火企業イケブンが担当し、地元・富士山の自然と伝統文化である花火が織りなすダイナミックなコラボレーションを実現する。他にも花火業界で最も栄誉ある内閣総理大臣賞を19回受賞した、名実ともに日本最高峰の花火企業・野村花火工業、四尺玉(約直径120センチ)の打ち上げで名高い片貝煙火工業と、花火界きっての豪華な共演も楽しみだ。

観覧席はソーシャルディスタンスを確保した限定約4500席。さらに観覧エリアである、遊園地のアトラクション付き鑑賞チケットが用意されており、また自家用車から花火を観覧できるドライブイン花火のチケットなど、人との距離も、また真冬の寒さの中でも安心して花火を楽しめるよう工夫されている。

他にも霊峰・富士山へ願いを込めて放つ奉納花火も用意されている。

各種席の中でも2つの席についてのオススメのポイントも届いている。

<ピカソのたまご 指定椅子席>
本花火大会の目玉はなんといっても都会の花火大会では体験できない花火との距離です。
中でも最も花火と座席が近距離なのがこちらの席。
その近さはまるで花火が頭上で開花するように感じられるはずです!
近さ故に感じるその大きさ、色鮮やかでまばゆい光、そして体の芯を直撃するような大音響。花火の全てを堪能してみてください。


<ストラーダー横 リクライニング指定席>
最高の花火を最も優雅に観覧出来るスペシャルシート!
シートがフラットにリクライニングしますので、楽な姿勢で上空に上がる大花火を、優雅に観覧できます。頭上いっぱいに広がる大パノラマの花火大会を最大限に味わえる、
そんな贅沢な体験をこの特等席でご覧ください!


冷たく澄んだ空に打ち上がる冬花火は、光がクリアに見え、夏の花火には無い魅力があり、また富士山の雪景色とのコラボレーションも期待できる。コロナ過が落ち着きを見せる12月に、ゆったりと冬花火を楽しんではいかがだろうか。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ