中川翔子、愛車“ベンツ”で首都高に初挑戦も 出られなくなりパニックになる姿に共感の声

クランクイン!

 タレントの中川翔子が1日に自身のYouTubeチャンネルを更新。ベンツで首都高ドライブに初挑戦するものの、出られなくなりパニックに陥る様子を公開すると、ファンから共感の声が寄せられた。

中川は今年6月、メルセデス・ベンツの完全電気自動車「EQA250」に試乗。当初は試乗する様子だけを自身のYouTubeチャンネルで公開する予定だったものの、あれよあれよと話が進んでEQA250を1年間無償リースしてもらうという展開を迎えた。

そんな中川は1日に「首都高で完全迷子!出口を見失って、とんでも無い所まで来てしまいました!【ドライブ】」と題された動画を公開。リース中のEQA250に乗って、中川自身の運転で初挑戦となる首都高ドライブに繰り出すことに。中川は「首都高のシステム自体をよく分かってない」とコメントしつつも、都内某所から所要時間約30分の銀座を目指す。

同乗したマネージャーのサポートを借りて幡ヶ谷から首都高に乗った中川。初めての首都高に戸惑いつつも軽快な走りで銀座に向かいつつも、降りるべき出口をスルー。マネージャーがそれを指摘すると「え、パニックパニックどうしよう…」とうろたえて「高速の降り方が分からない…」とポツリ。その後も出口をスルーし続け、最終的にはスカイツリーを拝み車は錦糸町をこえて小松川へと辿り着いたのだった。

果敢に首都高に初挑戦した中川の姿に、ファンからは「僕も初めて首都高に乗った時は、緊張しました」「私も運転頑張ろうと思いました」「私も最初の頃は高速道路に乗るのも降りるのも緊張しましたね。練習あるのみです」などのコメントが集まっている。

引用:中川翔子YouTubeチャンネル「中川翔子の『ヲ』」

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ