姿勢と呼吸を整えて“前屈”するだけ。1日3回【背中のたるみを落とす】簡単習慣

beauty news tokyo


自分では見えない“背中のたるみ”は、洋服の着こなしが映えなくなってしまうだけでなく、重見え&老け見えの原因にもなってしまいます。そこで習慣に採り入れたいのが、続けるほどに背中のたるみを落とすピラティスの簡単エクササイズ【ロールダウン・ロールアップ】です。

ロールダウン・ロールアップ




(1)背筋を真っ直ぐ伸ばして立ち、腰幅に脚を開いて腕を体の真横に降ろす

(2)最初に息を吸い、息を吐きながら頭から背骨を下へ降ろすイメージで上半身を倒していく ※背骨の上側(首側)から背骨を一本一本降ろしていくイメージで上半身を倒していきます(できるだけ手も一緒に下へ降ろします)

(3)上半身を倒しきったら再び息を吸い、息を吐きながら(1)の姿勢に戻す ※背骨の下側(お尻側)の背骨を一本一本引き上げるイメージで上半身を起こしていきます

これを“1日あたり3回を目標”に実践します。なお、期待する効果をきちんと得るためには「呼吸を連動させて正しい動きで行うこと」、「背骨1本1本を動かす意識を持つこと」の2つがポイント。背骨が伸びたままかつ手だけ下へ降ろしている状態にならないように注意しましょう。

ピラティスは“呼吸と動きの質が重要”とされるエクササイズなので、回数を増やすのは呼吸と動きの連動に慣れてきてからで十分です。ぜひ習慣化して、たるみを感じさせない背中をキープしていきましょうね。<ピラティス監修:SHIERI(インストラクター歴5年)>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ