独占コメント到着!WITHDOM、大阪モノレール株式会社主催「ありがとう。感謝のクリスマスツリー点灯式」でXmasソングをサプライズアカペラ披露

E-TALENTBANK


12月1日に実施された大阪モノレール株式会社主催の、万博記念公園駅での「ありがとう、感謝のクリスマスツリー点灯式」に、大阪モノレール「ブルーエール号」のイメージソングアーティストとして、WITHDOM(ウィズダム)が参加しクリスマスソングをアカペラでサプライズ披露した。

医療従事者応援プロジェクトとして「ブルーエール号」を運行し、感謝と応援のメッセージを届けるという大阪モノレール株式会社と、“ありがとう”をテーマに歌うWITHDOMの「コトノハ」が出会い、イメージソングとして起用され、この度の「ありがとう、感謝のクリスマスツリー点灯式」へ参加することとなった。

点灯式に参加したWITHDOMのリーダーSMOOTH(スムース)は、「この度は大阪モノレールさまと”ありがとう”という言葉を通し音楽で繋がり、このような素敵な場所で歌わせて頂く機会を頂きました。僕達もこの点灯式の様に、沢山の方々に希望の光を灯せるような言の葉を歌っていきたいと思います。」とインタビューに答え、結成当初から変わらない、「歌を通じて多くの人に笑顔を届けていきたい」という想いを語った。

点灯式にはWITHDOMの他に、ピアニストの小塩真愛、大阪モノレール株式会社、株式会社ガンバ大阪、三井不動産商業マネジメント株式会社、大阪府日本万国博覧会記念公園事務所、万博記念公園マネジメント・パートナーズ(BMP)など、1970年万博開催エリアの中心的存在各社が勢ぞろいし華やかに行われた。



12月1日から12月25日まで、1970年万博開催エリアの玄関口である大阪モノレール万博記念公園駅のコンコースでクリスマスツリーを設置。新型コロナウィルス感染症が収束することを願い、光り輝く明るい未来へ向けて、皆さまにクリスマスツリーで“ありがとう”と“笑顔”を届ける。

そのXmas演出の目玉として12月18日と12月19日の二日間開催される、大阪モノレール株式会社主催Xmasマルシェは、12月18日に点灯式にも登場したピアニスト小塩真愛が出演する駅ピアノ等を中心としたXmasマルシェを開催。

WITHDOMがアコースティックライブで出演する12月19日には、Kansai Collection ENTERTAINMENTによるダンス&ファッションショー、ダンス&ボーカルグループKishin、そして、2000年にデビューし「The Only One」が40万枚のヒットし現在はLGBTQの活動を音楽で応援する他、MISIAや様々な分野に楽曲提供している天道清貴の駅ピアノ弾き語りライブが行われる。

今回の点灯式に大阪モノレール「ブルーエール号」のイメージソングアーティストとして参加したWITHDOMは、関西を中心に活動し、今月12月から来月1月まで東野幸治MCの人気番組『教えて!NEWSライブ 正義のミカタ』エンディングテーマとして、サブスクの公式プレイリストにもピックアップされた「Hey Girl」が起用される。

また、WITHDOMOVIE(ウィズダムービー)と題して、ジャンルにとらわれず名曲をカバーする企画をYouTubeで公開しており、そのカバー動画企画とともに、今年1月1日に松任谷由実の『A HAPPY NEW YEAR』を自身初となる公式カバーリリースし、3月にはKing Gnuの『白日』を公式カバー第二弾としてリリース。

そして、11月には公式カバーリリース第三弾となるYOASOBIの『群青(Cover)』を各サブスクサイトでリリースし、YouTubeでのカバー動画も昨日夜に同日公開し、4人組ボーカルコーラスグループならではのボーカル・コーラスワークで、原曲の世界観を壊さずWITHDOMらしいSlow JamなR&Bカバー楽曲となっている。

なお、この群青のカバーは、香港やインドネシア、タイ、アメリカ、ブラジルでもニュースサイトに取り上げられ、過去には、Boyz II Menのカバー動画をBoyz II Menメンバー本人たちがインスタで全世界へ紹介するなど、日本のみならず、世界からの注目も集めている。

結成5年目を迎え活動の幅を広げているWITHDOMの今後から目が離せない。

【WITHDOM出演情報】


2021年12月19日(日)「Xmasマルシェ in Bampaku Sta.」会場:大阪モノレール万博記念公園駅特設ステージ観覧無料出演:WITHDOMアコースティックライブ、Kansai Collection ENTERTAINMENTダンス&ファッションショー、Kishinライブ、天道清貴駅ピアノ弾き語りライブ

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ