『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』4.8公開決定! 宮野真守も興奮

クランクイン!

 俳優のエディ・レッドメインが主演する映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズ第3弾のキックオフイベントが1日に開催。邦題を『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』として2022年4月8日に公開されることが発表された。イベントには宮野真守と河北麻友子が登壇し、興奮した様子で本作への思いや期待感を語った。

本作は、J・K・ローリング原作『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作品第3弾。シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが、ダンブルドア先生や魔法使いの仲間たち、そしてマグルと寄せ集めのデコボコチームを結成。最強魔法使いと謳われるダンブルドア先生に隠された、ハリポタ魔法ワールド最大の秘密が解き明かされる。

監督は、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』から『ファンタスティック・ビースト』までを手掛けたデヴィッド・イェーツ。主人公・ニュート役でエディが続投、『ハリー・ポッター』シリーズでも活躍したダンブルドア役をジュード・ロウが演じる。

『ハリー・ポッター』シリーズ第1作目の日本公開日でもある12月1日に開催されたキックオフイベントでは、主人公ニュートの日本語吹き替えを担当する声優の宮野と、『ハリー・ポッター』シリーズの大ファンである河北麻友子が登壇し、邦題と公開日が発表された。

ハリーの親友ロンの兄、パーシー・ウィーズリーの吹き替えも担当していたこともある宮野は、当時を「学校の制服を着たまま現場に入っていました」と明かす。河北は、「アメリカは公開日の0時から映画が見られるので、その時だけは親に許可をもらって友達と映画館に並んでいました」と振り返りながら、広い世代から愛され続ける人気シリーズへの思いを語った。

さらに会場では、デヴィッド監督の日本のファンへ向けたメッセージも公開。監督自ら邦題と公開日を発表すると、宮野は開口一番、「うわあ! これはすごい! やっぱりダンブルドアの秘密に迫っていくんですね!」と大興奮。「本当に秘密が多い人物ですから。ニュートにも何にも教えてくれないんだから!」とお茶目に話しながら、「ハリポタファンならぐっとくる考察伏線がたくさん出てくると思うので、ますます楽しみですね」と最新作へ期待を見せた。

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』は2022年4月8日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ