ゆきぽよ「すんごい許せなくて」女子高生でブーム再燃『ルーズソックス』の履き方に怒り爆発

Quick Timez


画像:時事

平成初期に流行したルーズソックスのブームが再燃している話題を特集した28日の「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)。

すると、タレントのゆきぽよさんが現在ルーズソックスに夢中になる女子高生に苦言を呈する場面が。

ゆきぽよ、ルーズソックスのブーム再燃で怒り「すんごい許せなくて」


28日、女子高生の間で平成初期に流行したルーズソックスが再注目されていることを話題に上げた「ABEMA的ニュースショー」(AbemaTV)。

すると、タレントのゆきぽよさんがルーズソックスに夢中になる女子高生へ怒りをあらわにするシーンがありました。

この日、「一風変わったファッションショー」に出演したことを振られたゆきぽよさん。

「ガールズミーティングbySDGs」というファッションショーに出演し、そこで「今年のハロウィーンで一番流行ったコスプレが『平成ギャル』。平成時代のギャルのコスプレをしていた」とルーズソックスのブームが再燃していることを触れました。

しかし「私服に合わせる子もいたりして、でもそこで許せないところがあって」と切り出したゆきぽよさん。

「今の子たち、ルーズソックスの履き方が違うんですよ」とルーズソックスの正しい着用方法ではないと不快感をあらわに。

さらに「すんごい許せなくて、モヤモヤしててここで言わせてもらってもいいですか?」とゆきぽよさんは続けると「みんなルーズソックスが短い」とバッサリ。

「120㎝とかをそのまま履くんですよ。でも本当のルーズソックスの履き方ってそれを何個か組み合わせて2mか3mにしないと可愛くダボダボにならないんです。でもそれを今の子たちは知らないから…ちょっとモヤモヤしてます」と述べました。

ルーズソックスについて熱く語ったゆきぽよさん。

「タプつきが少なくて、白い包帯がついてるだけ」と現代のルーズソックスを着用している女子高生らを一蹴していました。

「みんな履いてた」ルーズソックス再燃に懐かしむ声


ルーズソックスのブーム再燃に際し、正しい履き方を力説したゆきぽよさん。

さらに、ルーズソックス談議は続き全盛期は3mのルーズソックスも販売されていたなど当時の話に。

ゆきぽよさんは当時、ダボダボな雰囲気を出すために「それをギャルたちはセンター街で座りながら引っ張り合って『伸ばして伸ばして』ってやってたんですよ」とギャルたちの努力があったことも説明。

その上で「でも今は120㎝しかないから。しかもそれを伸ばさないで履いちゃうから、ちょっと惜しいなって」と改めて指摘しました。

すると、ゆきぽよさんのルーズソックスの履き方に視聴者が反応し、「3mのルーズソックスとかなつかしい~みんな履いてたよなあの当時は」、「ルーズソックス、高校生のころ流行ってたな」などと、当時を思い返す視聴者が続出しました。

しかし、現在25歳でルーズソックスブームとは縁遠いようにも思われるゆきぽよさん。

「なんで世代じゃないのにそんな履き方を知ってるのかなって」とツッコまれると「伊達にギャルやってないんで」と胸を張り、スタジオの笑いを誘っていました。

(文:有馬翔平)

当記事はQuick Timezの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ