iPhone「ファイル」アプリでメールをPDF化する

ラジオライフ.com


iOSのバージョンアップとともに着実に進化しているiPhoneの標準アプリ。サードパーティ製アプリではマネできない、Apple謹製だからこその機能が搭載されています。中でも、iPhoneの「ファイル」は使い方がわからずに、使ったことがないという人も多いはず。iPhone内の写真やメールなどを一括管理するファイルの使い方を紹介します。

iPhoneファイルアプリでメールをPDF化する方法

iPhoneのファイルアプリに保存する


iPhoneの標準アプリ「ファイル」は、写真をJPEG形式で保存することが可能です。使い方はまず、写真アプリで好みの写真を選択。共有メニューを開いて「ファイルに保存」を選択するのです。

すると保存先を選ぶ画面が表示されるので、端末内かiCloud Driveなどのクラウドを指定します。ファイルアプリで保存先を開くと、写真を確認できるはずです。

iPhoneのファイルアプリを使うと、メールをPDF形式で保存することが可能です。使い方はメールの返信メニューから「プリント」を選び、プレビューをピンチアウトするのです。

iPhoneのファイルアプリでPDFを確認


すると、プレビューが拡大表示されるので、右上の共有ボタンをタップして「ファイルに保存」を選択します。これでファイルアプリで開くと、PDF形式でメールの内容が確認可能です。

また、OneDriveやGoogle DriveなどのクラウドアプリがiPhoneにインストールしてあれば、ファイルアプリからアクセスして利用できるようになります。

利用方法は、まず「ブラウズ」のメニューで「編集」を開きます。利用したいストレージを有効にすればアクセス可能になるのです。Google Drive、OneDrive、CreariveCloudなどが、ファイルの保存先として選べるようになります。(文/中谷仁)

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ