驚きの再現度! 『フラ・フラダンス』水島精二総監督こだわりの「スパリゾートハワイアンズ 」場面カット&貴重な美術資料が公開

ガジェット通信



福島県いわき市に実在するスパリゾートハワイアンズのダンシングチーム、通称〔フラガール〕。そのフラガールの新入社員・夏凪日羽(なつなぎ・ひわ)と同期の仲間たち、彼女たちを取り巻く人々との絆を描くオリジナルアニメ映画『フラ・フラダンス』が 12月3日(金)に公開となります!



主演の福原遥をはじめ、美山加恋や富田望生ら実力を兼ね備えたフレッシュなキャストに加え、山田裕貴やディーン・フジオカの参加も大きな話題となっています!総監督には「鋼の錬金術師」、「機動戦士ガンダム00」の水島精二、監督に『劇場版 アイカツスターズ!』「ガンダムビルドダイバーズ」の綿田慎也、脚本には「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」『きみと、波にのれたら』の吉田玲子、キャラクターデザインは「アイカツ!」「UN-GO」のやぐちひろこといった日本を代表するトップクリエイターが集結し、「銀魂」や「アイカツ!」のBN Pictures制作でおくる心温まるアニメーション作品となっています。

この度、本作『フラ・フラダンス』より、舞台となる福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズの場面カット、そして貴重な美術資料が公開となりました!





スパリゾートハワイアンズを一度でも訪れることのある人は、劇中で描かれるその再現度に驚くに違いありませんフラガールがダンスを披露する場であるビーチシアターをはじめ、お客さんが入るエリアは完全に再現されています。



物語の中盤で、落ち込む日羽に先輩社員の鈴懸が「乗り越えられるよ。ここは、あの時、だれもが乗り越えたんだ」と声をかけるシーンで描かれる、東日本大震災によって大きくズレた観客席の“段差”も、水島総監督が実際に現地を訪れて聞いたエピソードだそう。水島総監督は「前へ進もうとするその気持ちを、映画のなかでもしっかり描きたいと思った」と語っており、この“段差”はその思いが強く表れている象徴でもあるのです。





ステージから笑顔を届ける仕事を選んだ新人フラガールたちの成長と友情を描いたオリジナルアニメ映画『フラ・フラダンス』。完全再現されたスパリゾートハワイアンズの細かなこだわりにもご注目を!



(C)BNP, FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ

当記事はガジェット通信の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ