謎の大型新人5人組バンド「NovelUNITE」×『ポケモンユナイト』タイアップ曲のMV公開

dwango.jp news


チーム戦略バトルゲーム『ポケモンユナイト』と謎の大型新人5人組バンド「NovelUNITE」によるタイアップ楽曲、『Okey dokey!!』のMVが、2021年12月2日(木)より公開された。

本MVでは、『ポケモンユナイト』と謎の大型新人5人組バンド「NovelUNITE」による新曲『Okey dokey!!』が収録されている。メンバーであるギターのSOJIROはヤドラン、ベースのKEIGOはルカリオ、ボーカルのYUDAIはリザードン、ドラムのNEGIはサーナイト、ギターのKAITOはアローラキュウコンとそれぞれ『ポケモンユナイト』に登場するポケモンをイメージした衣装を身にまといながら、明るくポップな楽曲を披露している。



まず「NovelUNITE」メンバー全員の写真撮影から始まり、Nintendo Switchやスマホを手に持ちかっこいい表情を決める5人。途中メンバー同士でじゃれあったり、談笑したりする姿から仲のいい様子が見受けられた。また、ポケモンの大ファンであるSOJIROは、撮影現場にご自身が集めているポケモンカードのデッキを持参し、ポケモンへの愛と今回のタイアップへの熱い想いを伝えるシーンもあった。

MVの収録が開始すると、これまで無邪気に撮影を楽しんでいた様子から真剣な表情に一変。『ポケモンユナイト』カラーの紫とオレンジの照明のセットの中で、YUDAIの卓越した歌声と、躍動感あふれるメロディーを溌溂とした雰囲気で表現していた。撮影した映像をメンバー全員がモニターで真剣にチェックし、KEIGOは「やっぱりいい曲だな」と改めて楽曲の良さを実感しているシーンも。その後もSOJIROは、KEIGOや監督と演出の工夫を相談したり、KEIGO、KAITOは汗だくになりながら全力で臨み、無事収録を終えた。収録終了後に、メンバーはポケモングッズのサプライズプレゼントを受け取るとパッと明るい笑顔で無邪気に喜び、その姿に周囲のスタッフからも笑顔がこぼれるなど、終始穏やかな雰囲気の収録現場となった。

<NovelUNITE インタビュー>

――『ポケモンユナイト』とのタイアップが決まったときの感想をお聞かせください。

SOJIRO:タイアップが決定したことを知らされたとき、まさに『ポケモンユナイト』をプレイしていたので、めちゃくちゃうれしかったです。子供のころからポケモンに携わりたいと思っていたので、うれしい気持ちでいっぱいです。

KEIGO:僕は『ポケモンユナイト』をプレイしたことがなかったのですが、タイアップの話を聞いてから挑戦してみて、ゲームの魅力を伝えられるような楽曲を作ろうと意気込みました。

YUDAI:SOちゃんがポケモンを大好きなことを知っていたので、タイアップの話を聞いたときすごく喜んでいる姿を見ることができて、よかったなと思いました。(笑)

NEGI:まわりに『ポケモンユナイト』をプレイしている人が多くて、チームに誘われることもあったので、みんながハマってるゲームに携われることが、誇らしい気持ちでいっぱいです。ありがとうございます!

KAITO:タイアップが決まった時、歌詞を書く前に実際に『ポケモンユナイト』をプレイしてみたのですが、すごくおもしろくて、こんなにすごいゲームに携われて嬉しいなと感じています。

――「Okey dokey!!」のポイントや魅力、楽曲制作するなかでの苦労した点などがあれば教えてください。

SOJIRO:僕は楽曲のトラックを作らせてもらったのですが、やっぱり明るくてワクワクするような曲がいいなーと思っていました。その中でせっかくなのでポケモン、『ポケモンユナイト』が好きな人に「あ、ここもしかしてポケモンのこのシーンの音じゃない?」といったような、ちょっとしたオマージュのような楽しみ方ができる仕掛けを作ったので、そこにも注目して聴いてほしいです!

YUDAI:KAITOくんが明るいテイストの歌詞を書くのが珍しくて、どんな感じになるのかなーと期待もありつつ、いざ俺が歌ってみるとすごいハマったので、KAITOくんの歌詞で俺がつけたメロディーがいい感じにマッチして良かったなと思います。

KAITO:そうですね、いつも明るい歌詞はYUDAIが書くことが多いので、僕が書くならYUDAIとはまた違った表現の仕方で伝えようと思って色々言葉を調べたり、ポケモンとか『ポケモンユナイト』にうまくリンクさせられたらいいなと思いながら作りました。最終うまくいって良かったなと思っています。

――『ポケモンユナイト』の中のポケモンは「アタック型」「スピード型」「バランス型」「ディフェンス型」「サポート型」と全部で5つの型がありますが、ご自身は何型だと思いますか?

KAITO:えー、「スピード型」

NEGI:何言ってもおもろいな(笑)

KEIGO:何が早いの?(笑)

KAITO:わかんない(笑)でも、なんか(俺)早そうじゃん!

NEGI:僕は「アタック型」ですね。もう猪突猛進なので、アタック以外できないです!

YUDAI:僕も「アタック型」です!がんばって前を向いてます。

KEIGO:僕も「アタック型」ですね。基本前向きな性格なので、アタック型が向いている気がします。

SOJIRO:僕はディフェンス型ですかねー。

KEIGO:絶対ディフェンスやろ!おうちいるからな。

SOJIRO:おうちおって守り固めてるからな!(笑)

――『ポケモンユナイト』をプレイする中で、どんな魅力があると思いますか?

SOJIRO:チームで連携して戦うから強い相手やチームにも勝利できる所が魅力ですよね。シンプルなゲーム性に対して奥深さがあるっていう所が『ポケモンユナイト』の魅力やなと思うので、いろんな人にもプレイしてもらいたいと思います。

KEIGO:5人でプレイするゲームなんで、このゲームをきっかけに久しぶりに友達に声をかけて遊んだり、また仲良くなったりするきっかけにもなるのが魅力かなと思います。

YUDAI:KEIGOくんに言われました!(笑)「『ポケモンユナイト』しよう」が誘い文句に使えるのが良いですよね!

NEGI:ポケモンは世代でずっと大好きでやっていたので、見た目が変わるホロウェアでポケモンがかわいく、かっこよくなるのが楽しかったです!

KAITO:長く続いている『ポケットモンスター』シリーズで、最初からいる(=『ポケットモンスター 赤・緑』に登場する)ポケモンも使えるし、『ポケットモンスター ソード・シールド』に登場するポケモンも使えるし、どの世代も好きなポケモンを使ってプレイできるのが、すごく楽しいなと思いました。

YUDAI:めっちゃいいこという!そんな見た目で(笑)

――『ポケモンユナイト』は5人1チームとなって、相手チームと戦うゲームです。「NovelUNITE」さんは5人でよかったなと思ったシーンはありますか?

YUDAI:5人でよかったことはー…、多数決がしやすいですね。

NEGI:したことない(笑)

KEIGO:奇数やからね(笑)、いやでも5人それぞれ考え方がバラバラだからこそ、一つにまとまった時にすごく良い答えが出せるなっていつも思いますね。

YUDAI:5人やったら戦隊ものっぽくてかっこいいですよね。

KEIGO:お前全然あらへんのやろ(笑)ちゃんとしたん無いの?(笑)

――最後に一言お願いします。

YUDAI:今回『ポケモンユナイト』のMVを撮らせていただいたりと、新しい経験をさせていただきました。まあ「NovelUNITE」なんで、すべてが初めてでございますけども。

一同:(笑)

YUDAI:今後も「NovelUNITE」として、東京ドームでライブできるように頑張っていきたいなと思います(笑)NEGIさん、今回『ポケモンユナイト』をやってみて、撮影を通じてどうでしたか?

NEGI:『ポケモンユナイト』に登場するポケモンの中で、(自分たちが)好きなポケモンをイメージしたコスチュームを着させていただいて、こういう機会はなかなかないんで、シンプルに写真をたくさん撮りました(笑)

YUDAI:はい(笑)

KEIGO:いつものボケはないんやね?(笑)

NEGI:いや、ボケたことない。初めてのインタビューなんで!

YUDAI:そうです、「NovelUNITE」は真面目が売りなんでこれからも頑張っていきたいと思います。そして『ポケモンユナイト』を広める活動も頑張っていきたいと思います、僕はリザードンの意思を継いでるので!

NEGI:僕もサーナイトの意思を継いでるんで。

YUDAI:KEIGOさんは…パイロットを目指している?

KEIGO:いや、ルカリオや!

YUDAI:あ、ルカリオ!パイロット目指しているのかと思いました。SOJIROさんは『ポケモンユナイト』一番よくやっていらっしゃいますからね、よかったですね。

SOJIRO:本当にありがとうございます!

YUDAI:ということで、「NovelUNITE」らしく真面目に締めさせていただきましょう。誠にありがとうございました。

一同:ありがとうございました。(お辞儀)

(C)2021 Pokémon. (C)1995-2021 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

(C)2021 Tencent.

ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ