吉田羊『妻、小学生になる。』出演決定 亡き妻が生まれ変わった小学生の母親役

クランクイン!

 俳優の堤真一が主演を務める2022年1月スタートのドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)の追加キャストとして、女優の吉田羊の出演が発表された。主人公の亡き妻の生まれ変わりである小学生の母親を演じる。

本作は、芳文社「週刊漫画TIMES」連載中の村田椰融による累計発行部数(紙+電子)130万部超の漫画を実写化する、ちょっと変わったホームドラマ。

新島圭介は、10年前に最愛の妻・貴恵を亡くしてから、妻のいない残りの人生を“余生”だと思って生きている元愛妻家。たった1人の家族である娘の麻衣の幸せを誰よりも願っているものの、生活費を稼ぐ以外何もしてやれていないことが心苦しく、コミュニケーションすらうまく取れていない。2人の時間は、10年間止まってしまっていたのだ。同じ家に住みながらもバラバラな父と娘。そんなある日、ランドセルを背負った見知らぬ女の子がこの親子を訪れる。なんと妻(母)は生まれ変わって、10歳の小学生の女の子になっていた。

主人公の新島圭介を堤、10年前に他界した妻・新島貴恵を石田ゆり子、圭介と貴恵の1人娘・新島麻衣を蒔田彩珠、貴恵の生まれ変わりで小学生の白石万理華を毎田暖乃が演じる。

吉田が演じるのは、万理華の母親・白石千嘉。夫と別れ、パートをしながら女手ひとつで万理華を育てている母親だ。千嘉自身が母親に愛されなかったという思いから、万理華に冷たく当たってしまい、どう向き合えばいいかずっと悩み続けている。そんな中、万理華が自分に隠れて全く知らない家庭と会っていることを知り、その「秘密」を知ろうとする。

吉田は「私が演じる千嘉さんは、彼女自身何やら訳ありの人生を送ってこられた方なので、その歪みと向き合いながら、圭介さんを始めとした周りの人々と関わっていく中で変化していく千嘉さんを見せられたらいいなと思っています」とコメントしている。

金曜ドラマ『妻、小学生になる。』は、TBS系にて2022年1月より毎週金曜22時放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ