【しくじり先生】松本明子、25年間で1600万円もコストを無駄に

11月26日放送『しくじり先生~俺みたいになるな!~』(テレビ朝日系列)にタレントの松本明子が登場!実家の処分でさんざん苦労した自身の経験から、日本全国で問題になっている空き家問題の実態と対処法について具体的に解説!

松本明子・空き家問題をカミングアウト!

『しくじり先生』は5年ぶりの出演となる松本明子。今回は芸能生活でのしくじりではなく、プライベートでの失敗談を語る。高松市から上京し、アイドルとして大ブレイクした松本明子。しかし、華々しいアイドル人生の裏には、実家問題という見えない悩みがあった。上京の条件として、実家の維持費を払うことを約束した松本。年間でせいぜい1万円前後だろうと思っていたところ、実際は何とその40倍。修繕費や固定資産税などで、年間40万円ものコストが飛んでいったという。それでも、いつか自分たちが住む家でもあるし、40万ぐらいで済むならまだ安いかという気持ちもあり、毎年固定費として払いつづけていた松本だったが、芸能人生が思いのほか軌道に乗り、東京のほうで家族ができたことで実家に戻るタイミングを失ってしまう。結果として、25年間で1600万円ものコストを無駄にしてしまったという松本。高齢の両親が暮らすために建てた住宅を含めると、3000万近いコストとなってしまった。

アンガ田中「これ…俺の話?」

広島から上京し、両親が現在でも広大な土地を持っているというアンガールズ・田中卓志。今は修繕費のみを払っているという。「修繕費くらいならいいでしょ」とタカをくくる田中だったが、老朽化などによる維持費の上昇、近隣トラブルのリスクなどを松本から聞かされると思わず「早く何とかしないと!」。番組では、空き家問題の実例が詳しく紹介されたうえで、「無駄なコストで苦しまないためにも、なるべく早く決断することが大事!」という教訓が紹介されていた。

後編はアベマで!

松本明子の空き家問題・後編はABEMAにて放送予定!興味がある方はぜひともチェック!

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ