ペーパーアートと自然の融合 東京・代官山で冬のイルミネーション

OVO



代官山アドレス・ディセ(住商アーバン開発・東京)は、毎年恒例の冬のイルミネーションを、同プラザ館外各所とプラザ2F吹き抜けで2022年1月16日(日) まで開催している(点灯時間16時~23時)。この冬のテーマは「with Nature」。イルミネーションには、雪の結晶を中心にモミの木やヒイラギなどをモチーフに一つ一つ手作りしたオリジナルのペーパーアートをメインオーナメントに多数使い、自然の美しさ・たくましさを表現。紙を使ったアート作品を手掛ける「nekonekodesign PAPER ARTS(ネコネコデザインペーパーアーツ)」が今回のために新たにデザインした手作りのペーパーアートもメインオーナメントに使っている。

約5万2千の電球と雪の結晶やユーカリ・もみの木・ヒイラギ・ジュニファーベリーをモチーフに、紙とは思えない完成度の高いオーナメントで、華やかさと白を基調とした幻想的な世界観を演出。メインオーナメントには、サステイナビリティ(持続可能性)の観点からバイオマス樹脂を配合した合成紙によるペーパーアートを採用。アドレスプラザのメインオブジェには、白とネオンのライトを使用して華やかさを演出し、30秒ごとに色変わりする演出は、約40パターンと飽きさせない装飾。八幡通り側外壁面装飾は、白を基調に、昼は雪が積もっているようなイメージを表現、夜はライトアップで華やかさを演出している。アドレスモールの装飾は、本物の白樺の枝を使用し、ガス灯のように揺れるランタンの明かりが温かみを表現している。

また、デジタル抽選会を12月10日(金)~12月31日(金)に実施。賞品として、コロナ禍で苦境に立つ生産者を応援しようと「ポケットマルシェ」(東京・渋谷区)と連携し、鳥取県倉吉市の鳥取和牛特選ロースと赤身のすき焼き用の肉など、合計100人分の産直食材を用意している。代官山アドレス・ディセの対象店舗で税込3,000円以上の買い物でもらえる抽選券からWEBサイトへアクセスし、抽選券に記載されているシリアルナンバーを入力すると抽選に参加できる。

代官山アドレス・ディセは、「旧同潤会代官山アパート」の跡地に生まれた、地上36階建の「タワー」を始めとする約500戸の集合住宅、代官山らしい洗練されたショッピングゾーン「ディセ」、公共施設「渋谷区代官山スポーツプラザ」などから構成される都市型複合施設。この冬は、代官山アドレス・ディセでのお買い物とイルミネーションを楽しむのはいかが?

当記事はOVOの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ