【小悪魔きゅん】映画『(500日)のサマー』冬に見たくなる運命の出会い

めるも編集部

『(500日)のサマー』は2009年に公開され、アメリカで製作されたビター・スゥイートなラブコメディ映画です。

小悪魔女子に恋をした

恋もできずに地味で冴えない日々を送っているトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。
建築家になることが夢でしたが、グリーティングカード会社で働いています。
そんなある日、社長の秘書として入社した美人のサマー(ズーイー・デシャネル)に一目惚れをするトム。
トムは直感で「サマーは運命の人」だと思います。
エレベーターで乗り合わせた2人。トムが聴いていた音楽がサマーも好きなことをきっかけに、距離が縮まりデートを重ねることに。
本気で運命の愛を信じるトムと、愛を信じていない小悪魔なサマー。
サマーの気まぐれにトムは振り回される日々を送ることになります。
正反対な恋愛感を持つ2人は、500日目にどんな関係になっているのでしょうか?!

運命の相手とは?

◯日目と表示があり、ストーリーが進んでいき時間軸がバラバラなのが面白かったです。展開を推測しながら、500日目のラストで全てが繋がる流れが好きでした。サマーにぞっこんなトムはジェットコースターのように感情の浮き沈みが激しくて、恋愛偏差値の低さにがっかりする場面が度々ありました。恋愛が順調な時こそ、浮かれてばかりいないで相手を理解しなくはいけないと学びました。

反対に、小悪魔なのに可愛くて許せてしまうサマーは本当にずるいです。運命を信じるトム派か信じないサマー派でどちらかに感情移入しながら観ることができると思います。私は、運命を信じるタイプなのでトムの行動や気持ちに共感できました。サマーに振り回されっぱなしのトムが、徐々に自信を付けて逞しくなる姿が素敵です。

恋愛に悩んでいる人にオススメの映画です。

【公開】
2009年
【キャスト・スタッフ】
監督:マーク・ウェブ
脚本:スコット・ノイスタッター
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
   ズーイー・デシャネル

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ