『ドラゴン桜』全話一挙放送SP 髙橋海人、平手友梨奈ら東大合格を目指す奮闘再び

dwango.jp news


TBSでは、12月30日(木)あさ7時から4月期に放送した日曜劇場『ドラゴン桜』を全話一挙放送することが決定した(※一部地域を除く)。



本作は、週刊漫画誌『モーニング』(講談社)にて2018年から連載されていた三田紀房による『ドラゴン桜2』が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』(2003年~2007年連載/講談社)の15年後を描く続編だ。元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部寛)が、偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園の再建を目指し、元教え子の弁護士・水野直美(長澤まさみ)とともに、生徒たちを東大に合格させるために奮闘する。

前作では先生と生徒という役柄だった阿部と長澤が、今作ではパートナーとして再び桜木と水野を演じるということで、2人がどんな芝居を展開するのか放送前から話題となった。

放送が開始すると、スマホやSNSを使った新時代に沿った“桜木メソッド”と、それぞれの事情を抱えた生徒たちに真っ向から向き合って心に刺さる名言をぶつける桜木の姿が話題となり、第1話の放送開始からほぼ毎週Twitterの世界トレンド1位になるなど注目を浴びた。また、物語中盤の第6話では全国視聴者数が1638万人を記録、第9話では1800万人を超えた(※)。中でも注目なのは、30代以上が主な視聴者の日曜劇場枠において、今作は過去の日曜劇場の作品と比較してもチャイルド層(男女4歳~12歳)と、ティーン層(男女13歳~19歳)の割合が高いという結果。それだけ大学受験を必死に戦っている東大専科の生徒たちの姿に、若い世代が強く共感していただいたのではないだろうか。実際、毎週の放送後には東大専科それぞれの生徒に対するさまざまな反響がSNS上に多く投稿された。

また、今作は学園ドラマのみならず、学園買収問題、桜木の過去、驚愕の黒幕など、骨太な企業ドラマとしての要素も併せ持つ作品となった。再放送だからこそ、新たな目線で人物を追っていただくと、違った発見があるかもしれない。

さらに、最終話予告では、桜木の「頼もしい助っ人を用意した。久しぶりだな」という発言とともに“最強の助っ人登場!”とテロップが流れたことから、ネット上では「最強の助っ人とは一体誰なのか!?」という予想レースが白熱し、物語の結末に向けてさらに期待が高まった。

そして、阿部、長澤が4か月間見守った生徒たちの涙の合格発表シーンは間違いなく見どころの一つとなっている。全員合格を勝ち取れるのか?それとも…?そして結果と共に、全10話を駆け抜けてきた生徒たちの集大成の演技にもぜひ注目していただきたい。また彼らに対し、阿部演じる桜木がどんな言葉をかけたのか、学園ドラマならではのクライマックスである卒業がどんな形で描かれたのか。

新たな勉強法と共に新時代を生き抜くメソッドが詰まった『ドラゴン桜』。大学受験真っ只中の受験生もそうでない人も、新たな年を元気に迎える活力を得られること間違いなし。全話一挙放送SPに注目だ。

(※)ビデオリサーチ調べ、JNN28局、1分以上到達人数(推計)

■『「ドラゴン桜」全話一挙放送SP』
12月30日(木)
午前7:00~午前11:50
午後12:00~午後3:45
午後4:00~午後5:30
(※いずれも一部地域を除く)

【出演者】
阿部寛、長澤まさみ、髙橋海人(King & Prince)、南沙良平手友梨奈加藤清史郎鈴鹿央士志田彩良細田佳央太西山潤西垣匠内村遥山田キヌヲケン(水玉れっぷう隊)、鶴ヶ﨑好昭駿河太郎馬渕英里何大幡しえり深田竜生(少年忍者/ジャニーズJr.)、林遣都入江甚儀市川右團次佐野勇斗早霧せいな山崎銀之丞木場勝己江口のりこ及川光博 ほか

(C)TBS

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ