みきママ“自称・料理研究家”を脱却⁉ 大学進学にアンチも納得

まいじつ


(C)Body Stock / Shutterstock

人気料理研究家・みきママが11月29日、自身のインスタグラムを更新。4月から大学生になることを報告し、話題になっている。

みきママは、《私、4月から大学生になります! 管理栄養士になりたくてね、大学受験しました! そしたらさ、う、う、う、受かりました~!! やった~!! 長かったー、半年ぐらい勉強したんだけどね、生まれて初めて化学、生物を勉強してね、数学、英語、小論文、面接もあってさ、まじで大変でした》とつづり、驚きつつも笑顔で合格通知を手にする写真を投稿した。

続けて、《合格できたのも、はる兄、れんくん、大食いのお友達のおかげです。勉強に付き合ってくれたり、小論文見てくれたり、英作文を添削してくれたり、本当にありがとう!! それからYouTubeでお世話になった、英語のパスラボ、トライの生物と化学の先生、WEB玉塾の玉先生、皆さん、本当にありがとうございます!! 杏ちゃんもホットプレートで毎日ご飯作ってくれてありがとう!! はやパパもありがとう!!》と感謝した。



みきママは〝週6000円台のおうち献立〟を紹介したブログ『藤原家の毎日家ごはん。』が大ヒット。レシピブログランキングで殿堂入りを果たすなど、子育て中の若い主婦を中心に大人気になっている料理家だ。また、『NEWS』小山慶一郎の姉であることも広く知られていて、ジャニーズファンからも合格を祝福する声が寄せられている。

みきママの料理の雑さを指摘する声も…


料理研究家としてさらなる高みを目指すみきママの姿勢は大いに称えられるべきだろう。しかし一方で、インスタグラムに投稿している料理写真には、厳しい意見も広がっている。26日に投稿した〝チキンと焼きカレー弁当〟は、あまりにもボリューミーで蓋が閉まらず、《今日も蓋が閉まらなかったのでラップをして、ゴムをして持たせました》と、大胆な弁当を披露していた。



この投稿に、ネット上では疑問の声が殺到。しかし今回、みきママが大学入学を決めたことで、アンチからも

《ちゃんと大学で衛生について学べば、真夏のネギトロ弁当とかの怖さが分かるかもね》
《炊飯器を洗わないとか前に言ってなかったっけ。そのへんもいろいろ大学で学んできた方がいいかも》
《管理栄養士は大雑把な分量では許されないからそこら辺も矯正されると思ってる》
《元々は専業主婦だったのが~みたいな人が料理レシピ公開とか始めてお料理教室開いたりして「料理研究家」と自称しているイメージあるわ… 大学入ることになってよかった》

などといった、納得の声が寄せられている。

「みきママは以前に作ったサイコロステーキ弁当も蓋が閉まらず、ラップをして子どもに持たせています。育ち盛りの子どものために、ボリュームのある弁当を食べさせたい気持ちはわかりますが、ならば弁当箱を一回り大きくすればいいだけです。また、肉類ばかりで野菜がほとんどなく、栄養バランスが悪いことや、食中毒が懸念される弁当を持たせていることも指摘されていますね」(ネットニュースサイト編集者)

大学で管理栄養士の勉強をしたら、アンチをギャフンと言わせられるかもしれない。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ