コストコ、ギャル曽根の「ホットドッグの食べ方」がスゴい これは衝撃的…

しらべぇ




高品質なアイテムが揃う倉庫型スーパー「コストコ」といえば、会員制にもかかわらず土日になると大行列ができるほどの人気店。コスパの良い商品ももちろん魅力的だが、フードコートでしか味わえないメニューも人気だ。

画像をもっと見る

■一度は食べたいホットドッグ




その中でもコスパ抜群で、多くの人が激ハマりしているメニューが「ホットドッグ」。そのボリュームと、ドリンク付きで180円という驚異の価格がコストコユーザーの心を鷲掴みに。

ケチャップやマスタードなどのトッピングを自分好みの量で調整できるセルフサービスも人気で、ネット上では「コストコ来たら絶対食べるやつ」「ホットドッグめっちゃ安く食べられて感動」「自分でトッピング出来るから楽しい」といった声もあがっている。

関連記事:ローソン、肉の攻撃力が高すぎるホットドッグ発売 衝撃的な見た目に圧倒される

■ギャル曽根流ホットドッグの食べ方




タレントのギャル曽根が、10月27日放送の『林修のニッポンドリル』(フジテレビ系)のコストコ企画に出演した際、いつもやっているというホットドッグの食べ方を紹介。自身のブログでも紹介しており、かなりの“ガチ感”がうかがえる。

はたして本当にウマいのか、実際に試してみたぞ。



まずは普通にケチャップをかける。ここでマスタードをかけて…としがちだが、ここで早くもギャル曽根流のアレンジが出る。



それが、ソーセージをくるっと回して、さらにケチャップをかけるのだ。放送ではかなり多めにかけていたため、ためらわずチャレンジしてみよう。さらにここから真骨頂のようなアレンジが飛び出す。

■「玉ねぎ1個分」をたっぷりと…




なんと、その上から玉ねぎを「これでもか!」と言わんばかりにたっぷりにかけて完成した、ギャル曽根流「ケチャップと玉ねぎマシマシのホットドッグ」。あまりに衝撃的な見た目に、作った記者も圧倒された…。

ギャル曽根は放送で「玉ねぎ1個分」と言っていたが、トッピングがセルフサービスだからこそできるワザだ。

■さらにアレンジすると良さそう




気になる味だが…とんでもないほどの量の玉ねぎの主張がスゴい。ケチャップをやや遠慮してしまったためか味が薄くなってしまい、本来のポテンシャルを引き出せていなかった気がする。

正直にいえばマスタードやレリッシュを入れたほうが記者の好みではあるのだが、大量の玉ねぎに負けないほどにソーセージのボリュームがあるため、玉ねぎマシマシでもそこまで味のバランスは崩れない。ギャル曽根の食べ方をベースに、自分好みのトッピングをするとおいしく食べられそうだ。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ