日本のモノづくりの力を結集したインテリアブランド「KOYORI」誕生

IGNITE


日本のモノづくりの力を結集したインテリアブランドが、来年2月に世界デビューする。



■紙縒(こより)のような結びつきを

日本の美意識を持つ洗練されたインテリアライフスタイルブランド、「KOYORI」。世界的デザイナー、ロナン&エルワン・ブルレック(Ronan & Erwan Bouroullec)とガムフラテーシ(GamFratesi)がデザインしたアイテムを携え、2022年2月、ストックホルムファニチャーフェアで世界初お披露目を果たす。



「KOYORI」は、日本全国の優れたモノづくりを行う企業とそのモノづくりを世界に伝える力を持つ企業がアライアンスを組むとともに、卓越した日本の製造技術と国際的なコンテンポラリーデザイナーが協働することにより、絶対的な信頼性のある品質を備えたボーダレスなデザインの家具とインテリアアクセサリーを提供することを目指したブランド。

日本生まれの商品の美学を信じる「KOYORI」だからこそ、Made in Japanに拘っている。

モノに宿るシンプルで繊細な美しさ、各商品の背後にある職人の技に対するひたむきさ、情熱、献身的な精神や、商品を唯一無二の作品にする完璧主義性、勤勉さ、配慮を世界中に伝えたい、そんな想いを「KOYORI」は大切にする。

日本語の「紙縒(こより)」から取ったブランド名の「KOYORI」。紙縒は古くから日本でのお祝い事に欠かせない水引の素材であり、ブランド名には結びつきの意味も込めているという。

■サステナブルなグローバルブランド・KOYORI

「KOYORI」は、グローバルブランドとしてサステナブルであることも目指している。日本の職人技の美しさ、創造性、真正さを継承し、それを国際市場に伝えていくため永く使ってもらえる商品を創り続けることに加えて、生産と配送のプロセスが持続可能であることを保証し、透明性の文化を持つリーディングブランドを目指す。



その最初のステップとして、カーボンフットプリントの透明性を確立するために、商品によって生成されたカーボンフットプリントを測定し、その結果をウェブサイトに公開していく。

次のステップ以降も、製品ライフサイクル全体で二酸化炭素排出量を削減するために毎年新たな課題を立て、解決に向けて継続的に取り組んでいくという。

■日本のモノづくりの歴史と審美性を宿すプロダクト

「KOYORI」が目指すのは、日常において新しい価値を志向する未来を築くデザインであると同時に、日本のモノづくりの歴史と審美性を宿すプロダクトを世界に向けて普及し続けること。

そして、「KOYORI」の商品を何年も何世代にもわたり大切にしたいと思ってもらえること、商品を使うことがライフスタイルに幸せをもたらすものであることだという。

「KOYORI」が出展するグローバルローンチは、2022年2月8日、世界30ヶ国以上、700社以上が出展し40,000人以上が訪れる、北欧最大級の世界的な家具見本市・ストックホルムファニチャーフェア(Stockholm Furniture & Light Fair)の会場で行われる予定だ。



チャンスがあれば、「KOYORI」の世界デビューの瞬間を目撃してみてはどうだろうか。

KOYORI: https://www.koyori-jp.com/

(suzuki)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ