急逝したソンドハイム氏を哀悼 『ウエスト・サイド・ストーリー』ワールドプレミア開催

クランクイン!

 映画『ウエスト・サイド・ストーリー』のワールドプレミアが、米ニューヨーク・ウエストサイドにて11月29日(現地時間)開催され、スティーブン・スピルバーグ監督をはじめ、主人公トニーを演じたアンセル・エルゴートやマリア役に抜てきされたレイチェル・ゼグラーらが集結した。

本プレミアでは11月26日に逝去したミュージカル界の巨匠スティーブン・ソンドハイムに哀悼の意を表した。ソンドハイムは1957年に初演を迎えたミュージカル『ウエスト・サイド物語』で作詞を務め、60年以上経た本作の音楽面でも欠かせない存在だった。

ソンドハイムは完成した『ウエスト・サイド・ストーリー』を既に鑑賞しており、「素晴らしい作品でした。本当に幸せな時間を過ごせますので是非皆様劇場に足を運んでください。全体に輝きとエネルギーがあり、新鮮に感じられます。スティーブン・スピルバーグ監督と脚本を担当したトニー・クシュナーは本当に作品を完璧に仕上げてくれました」と本作への言葉を残している。

スピルバーグ監督は「ソンドハイムは、アメリカで最も偉大なソングライターの一人であり、天才的な作詞家・作曲家であり、これまでも最も輝かしいミュージカルドラマをいくつも生み出した、アメリカ文化における偉大な人物です。彼がいなくなるのはとても寂しいですが、彼は私たちに、愛することがどれほど偉大で必要なことなのかを教えてくれる作品群を残してくれましたし、これからも教えてくれるでしょう」とのコメントを発表している。

会場にはウエスト・サイドの街並みをイメージしたレンガ調の壁と、劇中でトニーとマリアが名曲「Tonight」を披露する非常階段が設置され、本作の世界観が演出された会場に豪華キャスト&スタッフが続々とレッドカーペットに集結した。

スピルバーグ監督は「これは僕が生涯ずっとやりたいことだったんだ。何十年間にも渡って、人々が愛し続けてきたこの楽曲を、僕たちの映画でも気に入ってくれるといいなと願っているよ」と熱い想いを語った。

トニー役のアンセルは本作の見どころについて「『Tonight』を歌うところさ!あのシーンが僕は大好きなんだ。レイチェルの歌声は本当に信じられないほど素晴らしい」と語り、レイチェルを絶賛。さらに日本が大好きだということで「こんにちは!アンセル・エルゴートです。トニー役です。『ウエスト・サイド・ストーリー』間もなく公開されます。是非観てください!」と流ちょうな日本語でファンにメッセージを寄せた。

そしてマリア役のレイチェルはゴージャスなベージュのドレス姿で登場し、「ミュージカルは私にとってとても重要なの。スティーブン・ソンドハイムがミュージカルの素晴らしさを教えてくれました」と、ソンドハイムとの思い出を語った。

そのほかにも、61年版『ウエスト・サイド物語』にも出演し、本作ではバレンティーナ役で舞い戻ってきたリタ・モレノ、プエルトリコ系移民の〈シャークス〉のリーダーを演じたベルナルド役のデヴィット・アルヴァレス、ベルナルドの恋人アニータ役のアリアナ・デボーズ、ポーランド系移民の〈ジェッツ〉のリーダーとなるリフ役のマイク・ファイストなどが登場し、聖地となるニューヨークで〈伝説のミュージカル〉にふさわしい大盛況のプレミアイベントとなった。

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』は、2022年2月11日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ