山崎製パン公認!全種スクイーズの『ヤマザキ ミニチュアコレクション』

フィギュアの企画・製造を手がけるケンエレファントは、山崎製パンより許諾を受け、ロングセラーの食パンや、菓子パンなど同社の主力商品をミニチュアスクイーズ化した「ヤマザキ ミニチュアコレクション」を発売する。
12月下旬からカプセルトイタイプを、全国のカプセルトイ売場、ホビーショップ、雑貨店、ケンエレスタンド、上野ランドなどで順次販売。ブラインドBOXタイプは2022年1月より順次発売する。
また、11月30日(火)よりケンエレファントのオンラインショップでも、ブラインドBOX 6個入りパックの予約を開始した。

「ヤマザキ ミニチュアコレクション」は、昭和23年創業、東京都千代田区岩本町に本社を置く日本最大の製パン企業である山崎製パンから許諾を得て開発した、小さなスクイーズ。ロイヤルブレッド、ダブルソフト、北海道チーズ蒸しケーキ、ランチパック(ピーナッツ)、ミニスナックゴールドなど、ロングセラーの食パンから菓子パンまで全5種類をラインナップし、山崎製パン監修のもと、本物そっくりに再現した。

数々の企業のプロダクトを精巧なミニチュアフィギュア化しているケンエレファントらしく、パッケージに印字された商品情報の文字は、そのまま読み取れるような精巧さで再現。パンの形状や色味を、本物のパンと何度も見比べて調整を重ねた。

「ロイヤルブレッド」と「ダブルソフト」は、1枚だけカットされた状態になっており、おなじみの食パンがお目見え。さらに、パッケージの袋と袋の留め具も別添えで付属する。
「ロイヤルブレッド」と「ダブルソフト」は、袋に封がされていないため、パンを出した状態で遊ぶことも可能だ。

「北海道チーズ蒸しケーキ」「ランチパック(ピーナッツ)」「ミニスナックゴールド」は、ボールチェーンがついた袋入りの状態のものと、パッケージの中身と同じパンが袋に入っていないむき身の状態で付属。実質2個のパンをゲットすることができ、お得感が味わえる。
また、むき身のパンの内部にはマグネットが仕込まれているため、冷蔵庫などにくっつけるといった活用法も可能だ。

一見してヤマザキパンだということがわかるのも、大きな魅力。
カバンにつけて持ち歩けば、学校や職場、電車内などで視線を集めること間違いなしのコレクションとなっている。

>>>ラインナップやイメージを見る(写真9点)

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ