シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマンら共演! 実際の事件を映画化した『スキャンダル』がdTVで配信スタート!

Rooftop


125751_スキャンダル.jpg

シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーというハリウッドが誇る名女優が共演を果たし、実際に起きた訴訟事件を映画化した『スキャンダル』が映像配信サービスdTVでスタート。

その訴訟事件とは、2016年にアメリカ最大のTV放送局「FOXニュース」のCEOだったロジャー・エイルズがセクハラで訴えられたというもの。米国TV界の帝王と呼ばれて絶対敵権力を握っていた彼を訴えたのは、ベテランキャスターのグレッチェン・カールソン。グレッチェンの告発を受け、同じくベテランキャスターだったメーガン・ケリーも過去の被害を公表。結果的に20人以上の証言が集まり、ロジャーはFOXニュースを解雇される。

女性が強大な権力に立ち向かった訴訟として、世界中に影響を与えたこの騒動を映画化したのが本作。シャーリーズ・セロンがメーガン・ケリー役とともにプロデューサーを務め、グレッチェン・カールソンをニコール・キッドマンが演じ、アカデミー賞女優の豪華共演が実現。そして、映画オリジナルキャラクターのケイラ・ポスピシル役には、『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クイン役で知られるマーゴット・ロビーが抜擢。華やかな世界に生きる女性たちと、その裏側の苦悩、そして戦いを、全身全霊で演じている。

自ら訴訟の筆頭に立ったグレッチェンと、過去に向き合うべきか思い悩むメーガン、メインキャスターを夢見る若手社員であるケイラという立場の違う3人の戦い方とは。力強く、どこまでも美しい三者三様の存在感は必見。

リアリティを追求するため、登場する実在の人物はすべてそのままの名前なうえ、実際のニュース映像などもふんだんに使用。さらに、再現度を高めているのが、キャストそのものを実在の人物に近づけたヘアメイク&スタイリング。『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でアカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞を日本人として初めて受賞したカズ・ヒロが担当し、今作でも同賞を受賞。

シャーリーズ・セロンがアカデミー賞主演女優賞に、マーゴット・ロビーが助演女優賞にノミネートも果たした『スキャンダル』。全米を騒がせた話題作を、ぜひdTVでチェック。

スキャンダル
ニュース放送局のベテランキャスター、グレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、CEOのロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)を告発。局内は騒然とし、看板番組を背負うメーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)は過去を振り返り、心中穏やかではなくなる。一方、メインの座を狙うケイラ・ポスシピル(マーゴット・ロビー)は、ロジャーに直談判する機会を得る。

作品URL:https://bit.ly/3cerrli

(C)2020 Lions Gate Entertainment INC.All Rights Reserved.

(C)2020 LUCITE DESK LLC AND LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ