箱根仙石原にある和のオーベルジュ「きたの風茶寮」の冬膳を堪能しよう

IGNITE


季節ごとに変わる献立が味わえる、箱根のオーベルジュ「きたの風茶寮」。

箱根仙石原温泉 きたの風茶寮では『和乃オーベルジュ』を基本とした料理を年に6回、四季に合わせて用意する。12月まで味わえる冬膳を紹介しよう。



■冬膳の料理のテーマは「わ・ヌーベル・キュイジーヌ」

キュイジーヌとは、フランス語で新しいスタイルの料理を意味する。日本の和食料理を新たな料理のスタイルで用意し、新感覚と和の伝統料理のマリアージュが楽しめる膳となっている。

始めの「突き」



「静岡産真鯛のグリル平飼い有精卵味噌漬け 和だし汁のそれぞれの球体とサーモンいくら」は、『野口観光グループお料理コンテストN-1』にてグランプリを獲得した一品。

ガラスの器には味噌漬けにした卵黄と、八方出汁・昆布醤油・薄口醤油の3種類の和だしを球体にして用意した。真鯛は、奥の卵の赤ワインの泡を添えて。

旬菜「アート・キュイジーヌ」



料理長自慢の飴細工を使い、冬の風物詩であるイルミネーションをイメージして盛り付けをした。

北海道産クリームチーズの胡桃豆富、静岡長谷川農園マッシュルームとフォアグラ、瀬棚産蝦夷鮑柔らか煮など、贅沢な食材をふんだんに使用。

強肴





メインの肉料理は、低温調理により絶妙な温度で用意する。山わさびホットクレームエスプーマとトリュフパウダーをかけた、旨味が凝縮した一品。

水菓子



自家製富有柿のアイスクリームと、きたの風茶寮デザートアミューズの目にも楽しいデザートを。

冬膳の提供期間は、12月末まで。

■箱根仙石原温泉 きたの風茶寮



全10室に、源泉掛け流しの露天・展望風呂を備え、温泉と季節ごとに変わる四季折々の料理が楽しめるオーベルジュ。

冬の休暇に、「わ・ヌーベル・キュイジーヌ」と温泉で非日常のひとときを。

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原934-29
箱根 仙石原温泉 きたの風茶寮:https://www.kitanokaze-saryou.com/

(MOCA.O)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ