藤岡弘、の息子・藤岡真威人が仮面ライダー1号/本郷猛役「やらなきゃならない宿命」

dwango.jp news


仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』の、50年前の仮面ライダー1号/本郷猛役に藤岡弘、の息子・藤岡真威人が決定した。

1971年の仮面ライダー誕生から、現在毎週日曜日午前9時よりテレビ朝日系にて放送中の、仮面ライダー生誕50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』にわたる、半世紀を股にかけた、仮面ライダー史を揺るがす全てを超越(BEYOND)した予測不能な物語、仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』が12月17日(金)に公開。先週24日にはWEB予告映像とポスタービジュアルが解禁され、歴代レジェンドライダー、ダークライダーが登場することや、ゲストキャストに親子役で中尾明慶、古田新太が登場することが明らかになり、公開へ向けさらなる盛り上がりを見せている本作。あのキャストが再登場するのでは、などと数々の考察が飛び交う中、登場することに期待の声も高かった“彼”が、50年という時を超え、満を持して登場する。



仮面ライダー誕生の1971年、現代である2021年、そして仮面ライダー誕生から100年後の2071年という、3つの時代が戦いの舞台となる本作。時をさかのぼる事50年前の1971年、悪の秘密結社・ショッカーは、最強の改造人間を生み出すべく、スポーツ万能、頭脳明晰の青年・本郷猛を捕らえ、改造手術を行った。そうして生まれた仮面ライダー1号。この、手術当日の“もう一つ”のエピソードが、今回の劇場版で描かれる。

50年前の仮面ライダー1号/本郷猛を、実際に1971年当時、仮面ライダー1号/本郷猛を演じていた藤岡弘、の長男・藤岡真威人が、50年という時を超え一子相伝され、満を持して演じる。到着したメイキング&インタビュー映像では、ブルー系のダブルのジャケットに白いパンツという、50年前の本郷猛の装いを彷彿とさせる衣装を身にまとい、ショッカーに立ち向かう姿が見られる。

実の父、藤岡弘、が演じてきた仮面ライダー1号/本郷猛としての出演オファーがあった際、「やらなきゃならない宿命」と感じ、直々に父からアドバイスをもらい、さらに当時の放送を見直して自分なりに研究した本郷猛/仮面ライダー1号を演じた、と語る藤岡真威人。その雄姿は撮影現場で、スタッフから思わず歓声が上がるほど。是非、劇場で注目していただきたいポイントとなっています。また、メイキング映像では変身シーンも一部公開。撮影現場では父から指導を受ける場面も見られ、2世代に渡る直伝の変身に期待が高まる。

■『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』

12月17日(金)全国公開

ⓒ2021「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会

「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会

ⓒ石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ