『ドクターホワイト』岡崎紗絵、役作りで金髪ショートに「自分で見ても別人です」

dwango.jp news


浜辺美波が主演を務める月10ドラマ『ドクターホワイト』の追加キャストに、『教場Ⅱ』や『ナイト・ドクター』で注目を集め、女優として人気・実力ともに大躍進中の岡崎紗絵の出演が決定した。役作りのため、初めて髪を金髪ショートにし、重い病気を抱えた狩岡晴汝役に挑戦する。



今作は、医師でもないのに豊富な医療知識がある正体不明の女性・雪村白夜(浜辺)が、「それ、誤診です!」と診断された病名を覆して患者の命を救っていく、新感覚の医療ミステリードラマ。原作は、大ヒット漫画『金田一少年の事件簿』、『神の雫』などの原作を手掛けた樹林伸氏のオリジナル小説『ドクター・ホワイト千里眼のカルテ』『ドクター・ホワイト神の診断』(角川文庫)。

岡崎が演じるのは、柄本佑演じる医療雑誌『月刊メディカルサーチ』の記者・狩岡将貴の妹・狩岡晴汝。明るくポジティブな性格で、看護師を目指している。事故で両親を亡くし、兄・将貴と2人暮らしをしているが、将貴が、白夜(浜辺)の面倒を見ることになり、3人で暮らすことに。料理と買い物とおしゃべりが大好きで、白夜が自宅にやって来たことを素直に喜び、一般常識のない彼女にさまざまなことを教え込む。実は、頭に、“脳動脈瘤”という、いつ悪化してもおかしくない病気を抱えている。自身の病気に内心は怯えながらも、周囲に気を遣い、いつも元気に明るく振る舞っている。

そんな晴汝を演じる岡崎は、雑誌『Seventeen』の専属モデルとしてデビュー。現在は、雑誌『Ray』の専属など、さまざまなファッション誌を飾るトップ・モデルとして活躍。また、女優としても2021年は、ドラマ『教場Ⅱ』に始まり、『監察医 朝顔』、『ナイト・ドクター』、映画『シノノメ色の週末』と数々の話題作に途切れることなく出演。それぞれ繊細な芝居で注目を集め、年々女優としての存在感が増す活躍ぶりだ。

今回演じる晴汝が抱えている脳動脈瘤は、位置的に切除手術が難しく、悪化すれば死に直結する。若くしてそんなやり切れない運命に直面している晴汝は、今しかできないファッション、好きなヘアスタイルを思うままに楽しんでいるという役どころだ。

Rayモデルでもある岡崎は、ゆるふわロングヘアが印象的だが、今回、役作りで金髪にするにあたり、ウィッグをつけるのではなく、髪をブリーチすることを決意。しかし、なかなか、すんなりとは色が抜けず、ブリーチ剤を3回塗りなおし、約4時間かけ染め上げた。また、肩まであった髪をバッサリ約10センチカットし、“金髪ショートヘア”に。今までのイメージとはガラリと変貌。大胆にイメチェンした姿でドラマに臨む。

今回、岡崎がヘアチェンジするビフォーアフターに密着。直前の心境から、金髪ショートにした後の心境、役柄についてのインタビューなどを動画でも公開している。ドラマとともに、魅力あふれる岡崎のニューヘアスタイルにも注目だ。

<岡崎紗絵(狩岡晴汝役) コメント>

Q.『ドクターホワイト』台本を読んだ感想をお願いします。
ホントに面白くて、すぐ読んでしまいました。元々ミステリーがすごく好きなので、楽しんであっという間に読んでしまいましたね。

Q.演じられる狩岡晴汝を、どんな人物と捉えていますか?
“強い”まではいかないですけど、元気で明るい女の子だなと思います。でも、外に見せている顔と、本当の晴汝の心の内は、ちょっと違うんじゃないかなという感じがします。心はとても繊細な女の子だと思います。そういった部分を意識して演じられたらいいなと思っています。

Q.演じるにあたって、準備したいことはありますか?
晴汝が、口で言っていることと、心で思っていることがきっと違うので、“その差”というのを、自分の中でも消化して、“晴汝の本当の思い”を、心に置いて意識出来たらなと思います。

Q.金髪にブリーチしてみて、いかがですか?
ガラっと変わりました!自分で見ても別人です。こんなに変わるんだと…とても新鮮でうれしいです。ドラマで、ショートカットは、今まであるのですが、金髪というかハイトーンは、初めてなので、みなさんの印象がどう変わるのか楽しみです!

Q.ここまで、ガラリと髪形を変えるということで、役に対しての向き合い方など、気持ちの変化はありますか?
見慣れない自分というのが、まずあって新鮮です。役やキャラクターによってファッションも当然違うので、髪形など形から入れるのは、視覚で目に見えることなので、私も役に入りやすいなと思いました。

<あらすじ>

早朝の公園で、素肌にたった一枚、白衣だけを身に着け倒れていたナゾの女性。発見したのは、月刊医療ジャーナルの記者・狩岡将貴(柄本佑)。透き通るような白い肌と整った顔立ちを持つ彼女は、自身を「白夜(びゃくや)」と名乗るだけで、これまでの記憶を失っており、社会一般常識も持ち合わせていない。しかし、医師でもないのになぜか驚異的な医学知識と天才的な診断能力が備わっていた。彼女はいったい何者なのか――。彼女の才覚を認めた高森総合病院の院長・高森巌(石坂浩二)は、傾きかけた病院経営再建のために新設した「総合診断協議チーム」(通称CDT)に白夜をスカウト。内科医、皮膚科医、脳神経外科医、精神科医など、各科を横断し、知識を集結させたCDTチームメンバー。その実態は…個性的で、クセ強めな“はみ出し者”たち。白夜は、そんな風変わりな医師たちと協議を行い、難しい症状でも病名を確定させて患者の命を救っていく。

■『ドクターホワイト』
2022年1月スタート 毎週月曜よる10時(カンテレ・フジテレビ系全国ネット)
【出演】
浜辺美波、柄本佑、瀧本美織、岡崎紗絵、片桐仁高橋努勝地涼小手伸也、石坂浩二 ほか

(C)カンテレ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ