ニットの格を上げる「ネイルとアクセサリー」:控えめでも華やぐ合わせ方のセオリー

GISELe

風合いやシルエットの違いで、多種多様な個性を持つニット。似合うボトムを手にとるように、「手首から先」にも理想のイメージを投じたい。ネイルやアクセサリーなど、ニットの持ち味を最大限に引き出す、そでまわりの飾り方をご提案。

【TOPPING THEME】
細身のリブタートルと「重たい指先」

ごくシンプルで頼りがいのあるスタイリングの軸・黒のリブタートルは夏の白T同様、飾りがいのあるトップス。コンパクトなシルエットに対して指先はややデコラティブに、そして奇をてらわず上品に。

KNIT : コンパクトな黒リブタートル
ACCESSORIES : ぽってりとしたゴールド1色
NAILS : さらに品格が増す深いグリーン

重厚感のある色と形なら
「キレイなのにコンサバじゃない」

リブタートルとミニマルなゴールドアクセがかもし出す大人っぽさを壊さないよう、ネイルもシックな濃色を選択。どことなく黒に近いグリーンを選べば、悪目立ちすることなく目新しさを期待できる。

ニット 16,500円/city(ステュディオス ウィメンズ 表参道店) ピアス 17,600円/シャルロット ウーニング(フラッパーズ) (中指)太リング 36,300円/プリュイ(プリュイ トウキョウ) (薬指)ゴールドリング(シルバーリングと2本セット) 24,000円/IRIS47(フーブス)

≫使用したおすすめネイルカラーはこちら

当記事はGISELeの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ