太田光『M-1』審査員に起用されなかった2つの理由…松本人志との確執は?

まいじつ

太田光 
太田光 (C)まいじつ 

11月25日、『M−1グランプリ2021』(テレビ朝日系)の審査員が発表された。残念ながら、サプライズはなかったようだ。

今年の決勝戦は12月19日に放送が予定されている。そして審査員は『ダウンタウン』松本人志、オール巨人、上沼恵美子、立川志らく、『中川家』中川礼二、『ナイツ』塙宣之、『サンドウィッチマン』富澤たけしという7人が務めることが発表された。これは2018年大会から4大会連続で同じ顔ぶれだ。

「今年、新たな審査員として世間の期待が集まっていたのが、『爆笑問題』太田光。太田は今も現役の漫才師であるうえ、お笑い愛が凄まじく、さらには『M−1』審査員で手薄となっている〝関東勢の大御所〟というこれ以上ない人材。しかし、松本人志と〝確執〟があるため、『M−1』には出られないとウワサされてきました。だが今年は2人がついに特番で共演。〝確執〟を笑い話に変えたうえ、共演後もお互いに自身の番組で相手の名前をそれぞれ出すなど、完全に雪解けしたのです」(芸能記者)

太田光がオファーを断った?


しかし残念ながら、太田の審査員登用はなかった。これはなぜなのか。

「大きくわけて2つ理由があります。まず一つ目は、太田が審査員をやりたがっていないから。太田は以前からインタビューで、『M-1』審査員のオファーがあっても受けないことを明言しています。それは、審査中にふざけてしまうから…というもの。今年はオファーがあっても、太田が拒否したのかもしれませんね」(同・記者)

もう一つは、審査員の顔ぶれが〝4大会連続で同じ〟ということに関係している。

「毎回同じ審査員であるため、太田を誰と変えるのかが問題になります。同じ関東勢とチェンジと考えれば、候補は志らく、塙、富澤の誰か。この中で、〝1人だけ漫才師じゃない〟という点を考えると、志らくとのチェンジがベストでしょう。しかしここにきて志らくのクビだけを切るのはあまりにもバツが悪いし不義理。かといって塙や富澤と変えると、審査員の高齢化が目立つ。長年メンバーを固定化してしまったため、こういった身動きのとれなさが生まれているのです」(同)

今年の『キングオブコント』は、松本人志以外の審査員を総とっかえすることで、審査員に優劣がついてしまうのを避けていた。もし太田が審査員になるとすれば、同じように松本以外総とっかえという大リニューアルが必要となるだろう。

当記事はまいじつの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ