【ロンドンハーツ】ナダル、カンペで注意され不機嫌に?

11月23日テレビ朝日系深夜放送『ロンドンハーツ』。今回の企画は個性的な不思議ちゃんともいえる芸人5人を集めた「もしもファンタジー芸人5人だけで語らせたら?」。

出演芸人はナダル(コロコロチキチキペッパーズ)、もう中学生、酒井貴士(ザ・マミィ)、高岸宏行(ティモンディ)、別府ともひこ(エイトブリッジ)。

笑顔というポーカーフェイス

ツッコミ不在で繰り広げられるファンタジー芸人のみのカオスなトーク番組がどうなるか。「この中で誰がトークを回すのか?」など、ロンドンブーツ1号2号の田村淳・田村亮、アンタッチャブル山崎が爆笑検証した。

最初に登場したナダルに対して田村淳は「ブラックファンタジーかぁ」とファンタジー芸人でもダークなファンタジーだとコメントした。一人ずつ集合し全員顔を合わせ、ツッコミが居ないことに嫌な予感しかしない出演者たち…。田村淳からの指示で番組スタッフに「フリートークで2時間お願いします」と告げられ、全員動揺を隠せないままトークはスタートした。誰も突っ込まない無法地帯のままトークは始まり、もう中学生とナダルが切り出すもツッコミなしのトークで盛り上がらず「それぞれの良さがでてない」と田村も分析した。トークテーマもコロコロかわり、脱線につぐ脱線でまるで女子会のような同じノリで繰り広げられる。

困ったときはナダル中心でトークは続いていたが、検証の邪魔になるので田村淳の指示でスタジオに「ナダルさんトーク多いです。他の人に振って!!」とカンペが出される。カンペで注意されたナダルは嫌な顔をして、田村淳、田村亮、アンタッチャブル山崎も爆笑した。露骨に話さなくなり静かになるナダルだったが、話題がなくなるとナダルが「学生時代の思い出ある?」と再度話題を振り出した。すると田村淳が「ナダルさんじゃなくもう中さん仕切って!!」とカンペの指示を出した。

ナダルのトーク中にも「他の人に振って」などカンペが出たことで、わかりやすくナダルが不機嫌になった。あまりの不機嫌さに「やっぱりナダルさんが仕切って!」と田村淳の指示で出すと今度は、もう中学生がカンペを見て悲しい顔をして凹んでしまった。アンタッチャブル山崎も「淳さん!もう中はやめてあげてくださいよ」と心が痛いと田村淳に訴えた。

検証中、高岸のある行動パターンに注目された。ナダルのボケでは笑顔が固まる高岸は気がつき、アンタッチャブル山崎は「笑顔のポーカーフェイスだね」とコメントした。カンペの指示が出て高岸が「スポーツのトーク」を仕切ることになったが、ナダルが剣道の素振りを経験者として披露しながらボケを挟むが、すべて高岸がナダルを抑え込んだことこでナダルも困惑してしまった。その行動に「ナダルキラーだね。やっとみつけたよ」とナダルを抑えこむには高岸をぶつけとけばいいんだ!と新発見に一同は盛り上がった。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ