鯖江市発!日本製にこだわり抜く小眼鏡メーカーが作った「漆器のメガネ」

IGNITE


お洒落な仕上がりで、老若男女問わず楽しめる“和”な眼鏡を紹介したい。



眼鏡の産地・福井県鯖江市で日本製にこだわり続けている熟練工達は「和紙のメガネ」に続いて「漆器のメガネ」を制作した。

■日本製にこだわり全て国内で部品を調達

オリジナル木箱

以前開発した和紙のメガネは、手作業で生産しているため価格が高くなってしまう。そこで、少しでも安価で提供できて鯖江の魅力をアピールできる商品は他にないかという考えのもと、今回の「漆器のメガネ」制作に至ったという。

郷  曙(フルリムタイプ)

日本製にこだわり、全て国内で部品を調達し組立てた商品。カラーは光沢タイプの曙と艶消しタイプの曙Ⅱの2種類を用意。

彪  曙(ナイロールタイプ)

■今後は“蒔絵”を用いた眼鏡の開発も

今回の「漆器のメガネ」は、早ければ12月頃から通販サイトなどに出品する予定。また、今後の展開として、漆器で蒔絵を使った商品の開発も予定しているとか。

職人の技術の粋を集めたメガネで、普段とは違った装いを楽しんでみたい。

MIP HP
http://www7b.biglobe.ne.jp/~keitarou/

(suzuki)

当記事はIGNITEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ