東レキャンペーンガールに8等身美人の間瀬遥花が就任「モデルを始めてから身長が3センチ伸びました」

GirlsNews


2022年東レキャンペーンガールに、モデルとして活躍中の間瀬遥花さんが起用され、29日の記者発表会でお披露目が行われた。

120人の候補者の中から選ばれた間瀬さんは、名古屋出身の24歳。40代目としての就任にあたり、「歴史あるキャンペーンガールの一人として、錚々たる先輩方のあとに名を連ねることができで光栄です。私も先輩方に続けるように頑張っていきたいです」と語った。

東レの企業活動について、「今まで気が付かなかっただけで、身近にたくさん東レの製品が溶け込んでいる。私になくてはならなユニクロさんのヒートテックも東レの技術です」と紹介。

スラリとしたプロポーションの秘訣を「骨盤や小顔の矯正に通ったり、姿勢を意識していて、モデルを始めてから身長が3センチ伸びました」とアピールした。

世界遺産検定2級の資格を持つ間瀬さんは、記者からの“撮影の仕事で海外へ行けたら?”との質問に、「海だったら、ガラパゴス諸島かグレート・バリア・リーフに行ってみたい。でも、泳げないです。カナズチですみません」とペコリ。

今後の活動について「この2年間コロナ禍でイベントがなかったので、これからの1年は いろんな人と触れ合うのが楽しみです」と、笑顔で語った。

会見では特技のエレクトーンも演奏してみせた間瀬さんは、将来はモデルだけでなく女優も視野入れたタレントとして頑張りたいと語っていた。

東レキャンペーンガールは、1981年より「東レ水着キャンペーンガール」として、山口智子さん、藤原紀香さん、菊川怜さん、鈴木ちなみさん、宮沢セイラさんといった著名な女優・タレントを数多く輩出。2015年からは現在の名称に変更し、2021年は前年に引き続き、アイリス・ウーさんが務めていた。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ