昆虫の調理を体験できる「昆虫食おままごとセット」 虫たちの香りも再現


昆虫食おままごとセット INSECTS COOKING TOYS

環境に優しく栄養価が高いことから、サステナブルフードとして注目を集めている「昆虫食」。しかし昆虫食=ゲテモノ料理と感じて、敬遠している方が多いのも事実です。

誤解されがちな昆虫食への想像力を育て、理解をはぐくむことを目的につくられた「昆虫食おままごとセット INSECTS COOKING TOYS」が11月27日から表参道アート・イン・ギャラリーで開催されている「見る見る見た目展」にて展示されています。美味しい昆虫食の香りを再現した3種のフレーバーとともに、昆虫食を五感で楽しむことができます。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

「見る見る見た目展」は世の中で話題性や鮮度の高いネタについて課題(弱み)を握り、デザインでの解決を目指すアートディレクター集団「弱みを握る寿司屋」が主催する展示会。

見た目が悪く破棄されてしまう食物、加齢による変化を極度に恐れる風潮など、見た目によって誤解をされがちなものに着目し、「見た目」と「本質」のギャップから生み出された数々の作品が展示されています。

「昆虫食おままごとセット INSECTS COOKING TOYS」は、株式会社電通のクリエーティブ部門に所属しながら創作活動を行うアートディレクター・北恭子の作品。創香デザインのプロである株式会社キチベエとコラボし、3種の昆虫食フレーバーを作品にプラスしたことで、五感で昆虫食を体感できる展示となっています。

本作品のコンセプトは昆虫の認識を再認識させること。昆虫を食べるという選択をした人が偏見の目で見られることがないよう、まずは「おままごとセット」を体験することで昆虫食への理解を深めることを目的として制作されました。

「必ず加熱して食べる」「羽や足など口触りの悪い部分はとる」「調理前と後で調理器具を分ける」など、昆虫を美味しく安全に食べるためには様々なルールがあります。そうした昆虫食の正しい調理を体験できるよう、このおままごとセットではセミの羽が取れたり、バッタのギザギザの足が取れたりするようになっているそう。また生の昆虫用のピンセットもセットになっています。

バッタにはトノサマバッタの素揚げの香りをプラス。エビに近いといわれるバッタの香りを、ごくわずかにコーンの甘みも加えながら、エビの身や殻を揚げたようなイメージで表現したとのこと。

セミはクマゼミの燻製コンソメスープの香り。燻製した後の堅い殻っぽい香りがコンソメスープに溶け込んだイメージで表現されているそうです。

カイコに似た昆虫のエリサンは、エリサンをグラッセしたときの香りを表現。ピーナッツペーストのような練り感をイメージさせる香りでエリサンの濃厚さを表しており、溶かしバターの香りと合わせてグラッセ調に仕上げられています。

本作品が展示されている「見る見る見た目展」は東京都渋谷区のアート・イン・ギャラリーにて11月27日~12月5日まで開催。会期中は無休で時間は11~21時(最終日は18時)まで、入場は無料です。

情報提供:株式会社キチベエ

当記事はおたくま経済新聞の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ