ボブ&ジェームズに最大の危機到来!『ボブという名のネコ2』予告解禁

クランクイン!

 実話を基にした感動作『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』(2016)の続編『ボブという名の猫2 幸せのギフト』が、2022年2月25日より公開されることが決定。主人公ジェームズと茶トラ猫“ボブ”のコンビが新たな危機に見舞われる様子を収めた予告映像と、ボブが愛らしく肩に乗る姿を切り取った新場面写真が解禁された。

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』は、ストリート・ミュージシャンとして生計を立てていたホームレスの青年ジェームズ・ボーエンが、薬物依存で親にも見放されどん底の生活を送る中、一匹の茶トラ猫“ボブ”と出会ったことをきっかけに人生が一変する奇跡を描いたベストセラーノンフィクション「ボブという名のストリート・キャット」を映画化。ボブが本人役で出演した本作は、イギリス王室のキャサリン妃も絶賛し、世界中で大ヒットを記録。2017年には、親日家のジェームズとボブが初来日も果たし話題を呼んだ。

続編『ボブという名の猫2 幸せのギフト』は、ボーエンの著書「ボブが遺してくれた最高のギフト」「ボブが教えてくれたこと」をもとに、クリスマスに起こったボブとジェームズの実話を描く心温まる物語。前作に続き、俳優のルーク・トレッダウェイとボブ本人が主演を務める。メガホンをとるのは、『ベラのワンダフル・ホーム』『イルカと少年』のチャールズ・マーティン・スミス。

ホームレスのストリート・ミュージシャンから一躍ベストセラー作家に転身したジェームズと、彼のハンサムな茶トラの猫ボブは、出版社のクリスマスパーティーに出席した帰りに、路上演奏の違反で警察官に取り押さえられているホームレスの若者を助ける。自暴自棄になっているその若者に、ジェームズは生計を立てるため路上で過ごした最後のクリスマスの話を始める。それはジェームズにとって最も困難で苦しい選択を迫られた、忘れられないクリスマスだった…。

予告映像は、ボブとジェームズが出版社のパーティーに参加している場面からスタート。しかしそんな華やかな場面から一転、何気ない日常を送っていたボブとジェームズに、ピンチの数々が立ちはだかる様子が映し出されていく。クリスマスを目前に、「ネコを飼う資格があるか裁判所が判断する」と保健所に目をつけられたジェームズ。彼がボブと引き離されるかもしれない不安を抱えながら路上に立つ中、ボブの病気が判明する。

「あの2人を引き離すなんて考えられない」。窮地に陥ったジェームズとボブに、手を差し伸べようとする人々。やがて騒動はイギリス中をも巻き込んでいき…。果たしてかけがえのないパートナーになったふたりが直面した最大の危機は、どんな結末を迎えるのか。ボブの愛らしい姿も満載された、感動の物語を予感させる予告映像となっている。

場面写真は、ジェームズの肩に乗ったボブの愛らしい姿を切り取ったものとなっている。

映画『ボブという名の猫2 幸せのギフト』は2022年2月25日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ