中国地方 12月スタートは寒気襲来 山地は積雪 週末にかけて断続的に寒気流れ込む

日直予報士

中国地方はあす30日(火)の雨の後、12月1日(水)は平地でも雪を降らせるような寒気が流れ込む見込みです。山地では雪が降り、積もるでしょう。車で峠越えをされる方は、冬用タイヤを装備しておいてください。また、12月下旬並みの寒さとなるため、防寒対策も万全にしておいてください。その後も断続的に寒気が流れ込む見込みです。

●11月ラスト 午後は雨が降り 帰宅時は傘が必要

あす30日(火)は前線を伴った低気圧が日本海を北東へ進む見込みです。中国地方は、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、午後は次第に雨が降るでしょう。寒冷前線が通過する夜は、雷を伴い雨脚の強まる所がありそうです。外出の際は雨具があると安心です。
そして、雨の後は寒気が流れ込む見込みです。
12月1日(水)は、上空1500メートル付近に氷点下6度以下の寒気が流れ込む見込みです。山陰や山陽北部は断続的に雨が降り、山地は雪になるでしょう。
まだ日本海の海面水温が高いため平地では雨の所が多いですが、山地では雪の積もる所があるため、車で峠越えなどされる方は、冬用タイヤが必要です。

●向こう一週間の中国地方 断続的に寒気が流れ込む

●2日(木)から3日(金)
冬型の気圧配置がゆるみ、寒気の流れ込みが弱まる見込みです。山陰は雨の降る所がありますが、山陽は晴れる所が多いでしょう。
●4日(土)
再び冬型の気圧配置となり、山陰や山陽北部を中心に雨が降る見込みです。山地の標高の高い所では雪が降るでしょう。冷たい北風が強まるため、予想最高気温の数値より寒く感じられそうです。
●5日(日)
いったん天気は回復に向かうでしょう。高気圧に覆われて、晴れる見込みです。洗たく、掃除日和となりそうです。ただ、放射冷却現象がよく効き、朝は冷え込みが厳しくなりそうです。
●6日(月)
気圧の谷の影響で雲が多くなり、雨の降る所がある見込みです。

当記事は日直予報士の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ