小林礼奈、吐き気は続くも「食欲だけはすごいある謎の現象」に、前日には救急車で緊急搬送

ブログで「地獄を見た」と体調不良を訴えていたタレントでブロガーの小林礼奈(29)が、その後の経過を報告している。翌日には救急車で病院に緊急搬送されたが、現在は自宅で惣菜を並べ娘と一緒に食事ができるまでに回復したようだ。

11月26日の『オフィシャルブログ「小林礼奈のブーブーブログ」』によると、習い事に向かう電車の中で“酸素薄くて、深呼吸しても息が吸えなくて、死にそう”になりながら、教室に到着。空き部屋で休ませてもらったが、さらに帰宅の途中に体調が悪化。「帰り道に娘が勝手にどこかに行って行方不明になる」「パニック起こしてまた過呼吸になる」「他の人に見つけてもらったが、帰りの電車でまた過呼吸」「電車で吐きそうになり、途中の駅で降りて嘔吐」「多目的トイレで倒れる」と状況を説明、しかしなんとか自転車で帰り“地獄を見た”そうである。しかし5歳の娘も電車の中で「気持ち悪いよう」と訴えたこともあり、友人に泊まりで預かってもらえることになったという。この日は子どもと離れ、自宅で1人で就寝した。

だが翌日のブログには点滴を受けている写真と、「いくら寝ても治らずどんどん体調悪くなり、吐きまくり一歩も動けず」救急車を呼び、病院に搬送されたことを報告。ブログには、小林礼奈の体調を心配するコメントが相次いだ。次のブログでは点滴の効果か体調が良くなったと思った小林は、スーパーで袋いっぱいの買い物をして帰ろうとしたが、また道で座り込んでしまったという。記事には地べたに置かれた買い物袋の写真が公開されており、「出前を取ったらどうですか」「生協の個配を始められてはいかがでしょうか?」などのアドバイスが届いている。その後3時間ほど睡眠を取ってから、カップうどんがどうしても食べたくなりコンビニに出かけたという。

体調が安定したようにも思えたが、翌28日のブログには「はあ、、辛い。食べれるようになったかと思えば、食べたら食べた分だけ気持ち悪くなって吐くを繰り返している」とのこと。この時はお粥とみかんを食べたようだが、吐き気がおさまらないようだ。そうこうしているうちに、二晩友人に預かってもらっていた娘が帰宅。午後からは娘が習っている絵画教室へ、タクシーを利用して親子で向かう。絵画教室からの帰りは、夕食用の惣菜をスーパーで購入。今でも吐き気は続いているが、「食欲だけはすごいあるという謎の現象」だという。

「娘も私もタクシー酔いが激しい」ため、月曜からの保育園お送り迎えに不安を訴えていた小林礼奈。29日の深夜1時過ぎに「検査の結果、大きな病気が見つかったわけでもなかった」とブログで報告しているが、できるだけ早く専門医の診察を受けて欲しいものだ。

画像は『小林礼奈 2021年11月28日付オフィシャルブログ「顔色」、「ごはんは全部お惣菜」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ